自分らしさを表現する | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

自分らしさを表現する

仕事のこと

POSTED | 2021.06.17

WRITER | ナカムラ ヒロキ

自分らしさを表現する
こんにちは、ナカムラです!

よく美容室の数はコンビニの数よりも多いと表されますが、
実際にどのくらい違うんだろうと調べたら、美容室が25万件でコンビニが6万弱でした。
ちなみにですが、デザイン会社の数は少し古いデータではありますが、8000社弱だそうです。
ちなみにちなみにそのうちの8割がグラフィック(ロゴや印刷物を作っている人)だそうです。
フリーランスは含まれていないので、実際にはどのくらいいるのだろう・・・っていう感じです。

さて、最近は「価値」という言葉と向き合うことが多くなりました。
先日も自分たちの価値について議論をしていた時に、なんでデザインは必要なのかという問題にぶち当たりました。

これは非常に奥深い問題なのですが、必要とされる一つに「自分たちらしさ」を
表現するときにデザインが重要であるという説があります。

一昔前は、インターネットも今よりも全然普及していなく、情報を得る場所が限られていました。
テレビやラジオ、雑誌・新聞などいわゆるマスメディアから僕たちは情報を得ていました。

しかしインターネットが普及した今、情報を得ることが簡単になりました。

昔はみんなが持っているものが正解で、みんなが欲しがっているものを持つことが重要視されてきました。
なぜなら情報を得る場所が限られていたので、みんなが一律の情報を得ていたのです。

でも今は、自分に合った情報を自ら取得して、他の人と違うものを持つことが良い風潮になってきています。
みんなが持っているものに価値がなくなったのです。

簡単に言ってしまうと、「自分らしさ」がとっても重要視されるようになったということです。

究極、僕ら人間は生きている中で誰かに認められたくて、誰かに価値があると思って欲しいと思っています。
そして誰かというのは不特定多数の大勢ではなく、自分と価値観が似ている人にだけ、
自分を理解して欲しい=価値があると思われたいのではないでしょうか。

自分の個性を出し、自分らしさを身に纏い、それを価値観が合う人に認めて欲しい。

そんな時代なんでしょうね。

そして、会社にも個性が求められています。
商品やサービスの品質が均一化しているので、そんな中選ばれるためには
「自分たちらしさ」をきちんと見つけ表現してあげる必要があります。

自分たちらしさを表現していく中で、それに共感した人が集まり商品やサービスが選ばれる。

僕らはどうやったら自分たちらしさを表現できるかを真剣に考えなければいけなくて。
そこでデザインが登場するわけです。

もし自社が柔らかくて人懐っこい集団であった時、デザインがシュッとしていてかっこいいデザインであれば、
自分たちの個性を表現できていないことになります。

シュッとしたかっこいいデザインに興味を持って近づいてきたお客さんが、
実際にその商品やサービスを利用したときに違和感を覚えてしまいます。
柔らかくて人懐っこい会社であれば、それを表現したデザインであるべきですよね。

やっぱりデザインってとても重要なのです。
多様化している今の社会においては、個性をきちんとデザインで表現して伝わりやすくしていく必要がありますよね。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 自分らしさを表現する

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。