失敗ってしていいの? | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

失敗ってしていいの?

仕事のこと

POSTED | 2021.06.16

WRITER | ハギワラ マサタカ

失敗ってしていいの?
こんにちは!
ハギワラです。
久々にお昼の散歩をしていたら、途中から豪雨に見舞われ、ラスト200mは全力でダッシュをしたので、今日はお昼で体力を使い果してしまいました;;
(髪の毛ぺちゃんこ、、、)

さて、今日は「失敗ってしていいの?」というテーマでお話したいと思います。

いきなりですが、僕はよく背伸びをしようとしてしまいます。
(つま先立ちになることじゃないよ!)

自分の実力以上のことをできると思い込んで、トライをするのですが基本的にいつも失敗をします。
ただ、自身が成長していく上で、ある程度の背伸びは必要なことだと思っています。
(背伸びのし過ぎは本当に注意です!!できない時はできないと伝える勇気も必要です。)
できることばかりやっていては、できることが増えていかないので、その先の成長は望めません。

つまり、成長していくためには自分の1ランクや2ランク上の仕事をしていくことが大切だと思っています。
ですが、僕がミスをする様にチャレンジには失敗が付き物です。

わからないことに取り組もうとするので、これは必然だと思うのです。

失敗して良い仕事はない!

先ほど失敗は付き物と言いましたが、失敗していい仕事ってないのでは?とも思います。

失敗をすると誰かに必ず迷惑がかかります。
迷惑をかけるということは、確実に迷惑をかけた人の時間を奪うことになります。

お金と違って、時間だけはどんなに天才な人でも増やすことはできません。
この様に考えると「迷惑をかけてもいい」なんてことは絶対にないですよね?

これまでお世話になった方々からよく「失敗しても良いからチャレンジしてみよう!」と言われてきましたが、今思うと失敗しても良いというのは嘘だと思っています。

おそらく本音は、
失敗してもいいという仕事はないから、失敗をしない様に入念に準備をして、それでも失敗をしてしまった時は仕方ない。というのが本音だと思います。
つまり、失敗すべくして失敗をするな!ということです。

失敗してもいいからと言われると、「じゃあとりあえず何となくやってみて、ダメだったら仕方ないやー」と思ってしまう方は少なくないと思います。
おそらく「失敗をしてもいいからチャレンジしてみよう」という言葉は失敗を恐れてチャレンジをしようとしない人への心理的ハードルを下げるための言葉だと思います。
(心理的ハードルを下げるための嘘です。)

中途半端な準備からの失敗からは何も学べることはありません。
失敗しない様に本気で準備をして、その結果の失敗からは多くのことを学べると思います。

失敗を成功に変える

簡単にまとめますと、
自分の実力よりも1ランク2ランクくらい上のことにチャレンジしていかなければ、成長は望めません。
ただ、上司の方が言う「失敗しても良い」は嘘だと思っています。
失敗しない様にできる限りの準備をして、その結果失敗になってしまったらその時は責任を取るよ!ということだと思います。
失敗したことから多くのことを学んで、次の成功に繋げることができれば、結果的に失敗は存在しないということになります。

僕も実はまだまだ小さな失敗が多いです。
その度に中村さんに迷惑をかけてしまっているので、この小さな失敗が成功に変えられる様に努力していきたいと思います。


背伸びをし過ぎずに、地道にコツコツと。
ただ、失敗を恐れていたら何もできないので、果敢にチャレンジです!


引き続き頑張ります!
それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 失敗ってしていいの?

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。