繰り返すことの重要性 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

繰り返すことの重要性

ブランディング

POSTED | 2021.06.11

WRITER | ハギワラ マサタカ

繰り返すことの重要性
こんにちは!
ハギワラです。

ここ二日間、研修で缶詰状態だったため仕事と課題がてんこ盛りでめちゃくちゃ焦っております。
いつかは終わるはず!と楽観的に考える様にします。。。
(大丈夫かなぁ汗)

さて、今日は「繰り返すことの重要性」というテーマでお話したいと思います。

先日の記事でも書かせていただきましたが、ブログを書き始めて3ヶ月が経ちました。

3ヶ月前から毎日読んでくださっている方は、なんとなく感じているかと思いますが、僕の記事は意外と他の記事と同じ結論に着地していることが多いと思います。

ただ、これは書くネタがないからその様にしているということでは決してありません。

理由をご説明していきたいと思います!

ネガティヴなことではない

情報を発信している人は伝えたいことの軸が大体決まっているかと思います。
もちろんその軸に沿って毎回記事を書いていきます。
ただ、一つの視点からだと信憑性がなかったり、分かり難かったりするので、あえていくつもの切り口(視点)から何度も同じ結論に至る発信をしています。

また、伝えたいことを一度発信しただけでは、その情報を受け取っている方の人数はとても少ないので、何度も同じ内容を発信することはとても重要です。
ですが、同じ内容を発信していることを発信者自身がネガティブに捉えてしまっていることが意外とある様な気がしています。

発信者の心理として、何度も同じ内容のものを発信することにためらいがある気持ちはよくわかります。
・同じ内容の記事だと読者の方が嫌がってしまうのではないか?
・発信者自身が同じことを話すことに飽きてしまっている。
おそらくこの様な理由だと思います。

同じ内容を発信することにネガティヴになっているのは、おそらく発信者だけで周りの方からしてみれば新鮮な情報だったりします。

この前、何かの本で読んだのですが、インフルエンサーの方も何度同じ話をしたか覚えていないくらい繰り返し発信をしていると言っていました。
確かに考えてみれば、当たり前の様にテレビで見る有名人の方も、違う番組になると同じ様な話をしていますし、お笑い芸人の方も何度も同じネタを披露している姿を目にします。

テレビコマーシャルやYouTube広告なんてまさにそれですよね。

思い出してもらう確率を上げる

これは何を意味するのか、、、。
どんなに有名な人からの情報や視聴人数の多いCMでさえ、一度きりの発信ではほとんど方にまだ認知されていないということです。

認知とは、一度その情報を受け取ったからといって認知されたということではありません。
その情報のことを思い出してもらえる様な状態になってこそ、認知されたということになると思います。

例えば、黄色でMのマークといったら?と聞かれた時に
多くの方がすぐにマクドナルドと答えることができると思います。
これはもう認知されている状態です。

ブランドや伝えたい情報なども認知してもらうにはある程度の露出量が必要です。
全てはまず認知してもらうことから始まります。

認知さえしてもらえていれば、今は反応がなくてもニーズが発生した時にも思い出してもらえます。
ニーズが発生してない時は頭の片隅になんとなくある程度でいいんです。
いつかニーズが発生した時に、自分たちの情報を思い出してもらい、アクセスしていただくことが狙いです。

つまり、露出量を高めることによって認知してもらい
さらにニーズが発生した時に「思い出してもらう確率」を上げているということです。

先ほどの例でいうと、「時間がないから手軽に美味しいモノを食べてお腹を満たしたいなぁ」というニーズが発生した時に
「マクドナルドに行こう!」と思い出してもらえる確率を上げているということです。

情報発信からブランドの話に少し話が逸れてしまいましたが、まとめますと、
情報発信を続けていると同じ様な結論に至ることは多々あります。
それは決してネガティヴなことではありません。
発信者自身の判断でそれをやめてしまうことはとても勿体ないです。
発信者は知ってもらいたい情報の見てもらう量を増やして、思い出してもらう率を上げていくことを意識していきましょう!


流石に、相手が嫌がるほどの頻度で同じ話をしていると離脱されてしまうので、切り口を変えたり、忘れた頃を狙って定期的に発信していくと良いと思います。
これから情報発信をされる方の参考になれば幸いです。

引き続き頑張ります!!

それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 繰り返すことの重要性

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。