良いサービスを作るコツ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

良いサービスを作るコツ

集客のこと

POSTED | 2021.06.09

WRITER | ハギワラ マサタカ

良いサービスを作るコツ
こんにちは!
ハギワラです。

今日は「良いサービスを作るコツ」というテーマでお話したいと思います。

何か自社で新商品が発売される時であったり、商品のリニューアルをする際、リリースまでにどんな施策が必要だろうか?と必ず考えていくと思います。

今回はそんなときに使うフレームワークを一つご紹介したいと思います。
(現状自社を取り巻く環境の分析、ターゲティング、ポジショニングなどが明確になっていることが前提で話を進めていきたいと思います。)

4P4Cというフレームワークをご存知でしょうか。(マーケティングミックスと呼びます)
4Pというのは、↓
・product(製品)→製品戦略について考える。何を売るのか?どんな品質でどんなデザインの製品を売るのか?
・price(価格)→いくらで売るのか?支払い方法などを考えます。
・place(流通)→どこで売るのか?WEBのみなのか、店頭販売をするのか?など販路について
・promotion(販促)→どの様にして認知してもらうか?
以上の4つから構成されているので全ての頭文字をとって4Pと呼ばれています。

そして4Cというのは、↓
・customer value(顧客価値)→顧客にとっての価値は何なのか?利用した時に恩恵を受けることができるのか?
・cost(顧客にとっての経費)→サービス利用時の顧客の負担は?そのサービスを利用するまでのコストはいくらがベストなのか?
・convenience(顧客利便性)→入手、利用しやすい方法は何なのか?
・communication(顧客とのコミュニケーション)→どんな環境を整えれば、消費者側からもサービス提供者側にコンタクトが取りやすいのか?商品利用後のアフターサービスなど。
以上の4つから構成されているので全ての頭文字をとって4Cと呼ばれています。

4Pと4Cは基本的に構成は似ていますが、主な違いは、企業視点なのか?それとも顧客視点なのか?です。
4Pは企業視点で4Cは顧客視点になります。

施策を考える時に、4Pを考えてしまい、4Cの方が抜け落ちてしまっている場合が多かったりします。

4Pは考える必要がない!という訳ではなくてこの二つをミックスさせて考えていくことが重要です!
また、4Cの方から考え、4Cを軸に4Pを考えていくことがコツです。

例えば、4Cのcost(顧客にとっての経費・負担)について、
ペルソナのことを想像しながらどんな心理的なハードルがあるのかを「cost(顧客にとっての経費、負担)」で考えおいて、顧客ができるだけ損をしない様なサービス設計を、「price(価格、取引条件、値引価格)」で考えていくと良いと思います!
やっぱりここでも「顧客視点」は大事になってきますよね。
僕も日頃から、サービスを受ける際に顧客視点を意識して多くのことを吸収していきたいと思います。


ちなみに、意外かもしれませんが、デザイン会社でもこの様なマーケティング戦略について、まず自分たちで実証してからご提案しております。
ブランディングという土台にマーケティングやデザインが存在しているので、デザインだけ(マーケティングを無視して)では責任を果たせない訳です。

まだまだ、学ばなければならないことは山積みですが、一つ一つ経験を積み重ねて、集客に関わることはトータルで頼っていただける様に引き続き頑張ります!


それではまた!!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 良いサービスを作るコツ

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。