BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 商品が売れない理由

POSTED | 2021.06.02 CATEGORY | 仕事のこと

商品が売れない理由


こんにちは、ブランディングの説明の時に”人生はブランディングだ”と言った後で、結婚もブランディングだと訳わからないことを言い出したナカムラです。

さて、本日は「商品が売れない理由」というテーマでお話ししたいと思います。
どストレートなタイトルですが、結論を先にお伝えすると、売れない理由は大きく2つあって。
「商品自体を売り込んでしまっている」と「商品を愛していない」なのかな思います。

売れる営業マンさんのことは本当に尊敬しています。
本当にすごいと思います。

そして僕は営業マンではなく、どちらかといえば営業はめちゃくちゃ苦手です。
なので、こうすれば商品が売れますよ!といった大それた事は一切言えません。
  
でも商品やサービスを売らないと会社は存続できないので、これまで何とか自社の商品やサービスを販売してきました。
そんな中、商品が売れる方法は分かりませんが、売れない理由はなんとなくこうなんじゃないかなという点に気がついたのです。
それが、「商品自体を売り込んでしまっている」と「商品を愛していない」です。

一般的に商品を全力で売り込んでくる人に対しては速攻でバリアを貼ると思います。
訪問営業などを経験されている人は分かると思うのですが、間違えて訪問営業の対応をしてしまった時、終始どうやって断ろうかを考えると思います。
営業マンが一生懸命にセールストークをしていることなんて1mmも頭に入ってこないですよね。

なので売られる!という危険を察知された瞬間に勝負は終了していそうです。
売るという気配を消した上で、商品を購入して使った先にある未来を想像させる事が大事なのではないかなと思います。

そして次に「自社の商品を愛していない」問題。
これは結構致命的だと思います。

自社の商品に対して不信感を抱いている状態では、本当の価値を伝える事ができません。
これは口コミをするときの様子と似ていて、本当に良いと思って紹介する場合は気持ちがこもりますよね。
逆に紹介した人が得をするだけの紹介は気持ちがこもりません。

商品やサービスを愛せないのであれば、なぜ愛せないのか、その根本にある原因を追求しておいた方が良さそうです。
僕らの商品の場合、ホームページが売れないのは自分たちの作るホームページを愛していないからです。

「よく分かんない」ものを売れとは酷なもんです。
だからまずはきちんと自社の商品の良さをしっかりと知るところから始めた方が良さそうです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE