大切な人と過ごす時間 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

大切な人と過ごす時間

仕事のこと

POSTED | 2021.06.01

WRITER | ハギワラ マサタカ

大切な人と過ごす時間
こんにちは!
ハギワラです。

今日はお仕事の話は一旦お休みにして、日記のような内容となっています。
はい。ダラダラ回です。ごめんないさい。
(こんな日があったてもいいじゃないか!)

ご興味があれば、読んでいただけると嬉しいです。



つい先日、僕の父が誕生日を迎えまして63歳になりました。
誕生日の日は僕も休日だったので、父が好きそうなちょっと高めのお酒を買い、そのまま一杯やろうと思い実家に帰りました。

これまでも定期的に実家に帰っては父とお酒を飲んで、日頃の出来事や仕事のことなど、いつもたわいも無い会話をしています。
ただ、ここ最近一緒に飲んでいてつくづく思うのは、父がめちゃくちゃ酒に弱くなった!!ということです。

昔は僕なんかより全然酒が強くて、「もっと飲め〜!」と酒を注いできたのですが、今はもう2~3杯飲んだら結構な酔っぱらった口調になっています。笑

父も歳を取ったんだなぁ〜と思いつつ少し寂しい気持ちもあって、あと何年こうして一緒にお酒を飲めるのだろうか。。。と考えてしまったりもします。

僕にとっては、やっぱり家族は大切で、家族との時間は本当に幸せです。
昔は家庭内でもいろいろありましたが、とにかく気が休まります。

こういう時間がいつまでも続いてほしいと願っているのですが、永遠に続くことはありません。
(悲しい。。)

ここ最近幸せを感じると決まって「こんな幸せな時間は当たり前じゃないよな。」と思うことが多くなってきています。
そう思う度に、今こうして一緒に過ごせている時にしっかりと悔いが残らないように感謝を伝えていかなければ!と毎回自分に言い聞かせています。

時間は有限です。
どんなにお金があっても時間だけは増やすことができません。

時にはダラダラする時間も必要ですが、今目の前にあるやるべきことに全力を注がないと大切な人との時間を確保することができません。

やるべきことをやらずに時間を無駄にしてしまうと、僕は一生後悔すると思います。

僕は学生時代の頃、頑張りきれなかった後悔がいくつかあり、そのことに対してコンプレックスがあります。
今でも目の前のことから逃げていた過去の自分を思い返すと腹立たしくなります。
もうやらずに後悔する事はしたくありません。

やり残して後悔しない様に、しっかりとやるべき事に優先順位を付けて行動し、自分の時間を大切使いたいと思います。


そしてここ最近思う様になったのは、自分の時間は自分だけのものではない。ということです。
誰かと一緒に生きていくという事はそういう事なのかもしれません。

時間は有限。
当たり前な瞬間も存在しない。

今この瞬間も当たり前じゃない!

全ての出来事や瞬間を当たり前と思わずに、一つ一つの事に対して丁寧に向き合っていきたいと思います。


本当に家族には長生きしてもらいたいです。



引き続き頑張ります!

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 大切な人と過ごす時間

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。