両想いをデザインする | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

両想いをデザインする

ブランディング

POSTED | 2021.05.13

WRITER | ハギワラ マサタカ

両想いをデザインする
こんにちは!
はぎーです!
今日は、ブランディングという戦略について、わかりやすく噛み砕いてお話してみたい思います。

初めから結論を言ってしまうと、ブランディングの考え方は「ターゲットとなる対象と、永続的な両想いの関係を築くこと」だと思います。

企業と企業、企業と人、サービス(製品)と人、人と人、あらゆる繋がりの両想いをデザインする。これがブランディングだと思うのです。

ひと昔前のブランドの機能は生産者を識別するだけのものでした。
ですが、現代のブランドの機能は生産者を識別することはもちろんですが、「選ばれる理由」という機能も備わってきております。

つまり、ブランド力が強ければ強いだけ「消費者から選ばれ続ける」ということです。

ブランド力向上→ワクワクが増える

ブランド力が強いと孤独ではありません。
強いブランドの周りには常に人が集まり、そこはとても賑やか場所となります。
多くの共感者がいると様々な挑戦をすることができます。
そして、そこにはワクワクが生まれます。
ワクワクしていると、ワクワクしたい人たちがまた集まり、ブランドはさらに強くなっていきます。


よくブランドは一貫性が大事だ!とお客様にもお伝えしているのですが、なぜかといいますと、
本当にそのブランドを好きでいてくれている人は、企業の外見だけでなく、中身の部分である「理念」に共感してくれているはずです。
もしブランドの軸となる理念がブレてしまい、これまでの言動と矛盾が生じるようになれば、好きになってくれたいた方は、おそらく離れていってしまうと思います。
なので、理念などの根本の部分だけは一貫性を保ちつつ、活動をしていかなければなりません。

逆に理念はブレていないが、活動内容が変化した時。
その時に「以前の方が良かった。」と離れていってしまう人との関係は
真の両想いの関係だったとは言えないのかもしれません。
中身では無く、外見のみ好きだった人なので、深追いをする必要はないと思います。
(なんか悲しい。笑)


上記の話は、企業活動だけの話ではないですよね?
人もブランドになり得ます。
なんだかこれまでのお話は恋愛について話しているような内容でしたね。笑

このようにブランディングは企業活動以外にも人生において重要な考え方だと思います。

ブランディングは一人で行うものではない。

ブランディングは一人ではできません。

これまでのお話でもあったように、ブランディングは多くの方を巻き込んで次第にブランドを強くしていきます。
そしてそこには、身近な協力者が必ず必要なんです。

なぜ必要かというと、
ブランドはいつだって「人」が作り上げるものだからです。
人である以上、どんなに優秀な人でも、大きな壁にぶち当たり、迷いが生じると、自分自身のブランドの軸がブレてしまう事ってあると思うんです。
だけど、そんな時は周りの誰かが気づかせてくれる!

無責任な言葉ではなく、責任のある言葉で!(ここポイントです)

そんな貴重な存在が自分の近くにいると本当に有難いと思うんです。



ブランドは目的が同じ身近な協力者(伴走者)や本当に好きでいてくれている両想いの関係の人と、
共に創り、育てていくものだと思います。
僕は誰かにとってそんな存在でありたいと強く思っています。

そんな存在であるための努力は惜しみません!

ブランド作りを本気で取り組みたいという方のお力になれるよう、引き続き頑張ります!

それではまた!!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 両想いをデザインする

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。