BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 商品に対する圧倒的な自信と価値

POSTED | 2021.05.03 CATEGORY | ブランディング

商品に対する圧倒的な自信と価値


こんにちは、GWいかがお過ごしでしょうか?ナカムラです。

先日、ブランディングのお勉強にとある洋菓子のお店へ行ってきました。
そのお店は観光地にあるのですがとても人気のお店でして、到着するや大行列を目の当たりにしました。

販売している商品は、そもそもとってもおいしいのですが、商品パッケージや店内の雰囲気など世界観がびしっと統一されていて、行列の理由を探す方が難しかったです。

そして行列がまたそのブランドの価値を高めています。
行列に並んで購入するという事こそが体験を生んでいました。

職業柄、パッケージの原価を計算してしまうのですが、おそらく少なく見積もっても100円〜150円近いパッケージの原価だと思われます。
売価は800円ほどなので、パッケージの20%近くが原価に充てられている事になります。

仮に1種類につき10000個パッケージを作った場合、100万円×商品バリエーション数の経費がかかります。
はじめから100%売れると分かっていれば尻込みせずに経費を突っ込めるのですが、売れるかどうかは蓋を開けてみなければ分かりません。その状態でパッケージ費用に20%近くもかけられるってすごくないですか?

これって商品に対する圧倒的な自信と、デザインへの信頼がなければ成立しない決断です。

デザインが優れているからその商品を注目してもらえ、デザインが優れているからこそ商品の良さが伝わりやすくなる事を知っているのです。
逆を言えばデザインが粗悪だと、良い商品も知ってもらえず、良さが伝わらないという事ですよね。

だからこそデザインに対してきちんと投資をしているのだと思います。
そこには”強い意志と覚悟”を感じる事ができます。

商品はとても良いのに、パッケージにお金をかけておらず、とてもチープな印象の商品をよく目にします。
パッケージにお金をかけるのであれば、商品の素材にお金をかけてクオリティを上げた方がよいうという考え方もありますが、やっぱりどんなに優れた商品も知ってもらい食べてもらえなければ何も始まりません。

商品に対して圧倒的な自信があるのであれば、なおさらパッケージへもきちんと投資をした方が良いのではないかなと思いました。

それにしても、改めてデザインの破壊力の高さを再認識する事ができて良かったです。
愛される強いブランド作りができるように、デザイナーとしても感度高くアンテナを張り巡らせながらデザイン力を高めていきたいなと思いました。

それでは、また明日!
素敵なゴールデンウィークを!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE