BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 成功するホームページの心得

POSTED | 2021.04.28 CATEGORY | ホームページのこと

成功するホームページの心得


こんにちは、最近の快感はブランディングの過程で「ブランドアイデンティティ」が決まった瞬間であるナカムラです。

本日は立て続けにブランディングのお仕事でした。
もうすぐリブランディング完了でリリースするお客様と、ブランディングワークショップ4回目のお客様でした。

ブランディングは頭をフル回転させるので、どんどんと煮詰まってきます。
果たして強みがあるのか、独自性があるのかどうか・・・
そんな不安と寄り添いながらブランドアイデンティティが見つかった瞬間は、チームのみなさんが晴れやかになりその瞬間がとても快感なのです。パーっと道が開けた感じです。

そんなこんなでブランディングのお仕事は続いております。


さて、今日は成功するホームページの心得というお話をしたいと思います。
結論を先にお伝えしますと、「ホームページでは信頼を得ることが大事」です。

慌ただしく変化する今の時代、急速にデジタル化が進み、みんながみんなインターネットを活用した集客にシフトしています。
これは紛れもない事実です。

それまでインターネットを全然活用していなかった人が、急にインターネットを活用するようになった時に
結構な確率で落とし穴にハマってしまうことがあります。

それはアナログでは理解できていることがデジタル上では理解できなくなってしまうということです。
デジタルになると急に難題にぶち当たったような、ハードルがぐんと上がった様なそんな気になってしまい、
冷静に考えてみればきちんと判断できる様な事が判断できなくなってしまいます。

例えばラーメン屋さんがあって、お店の前にお知らせが貼ってあったとします。
そこのお知らせにはこう書いてあります。

臨時休業のお知らせ
5月3日から5月5日まで臨時休業をさせていただきます。
2016年4月1日

ちなみに今は2021年です。
このお知らせを見たときにお客様はどう思うのでしょうか?

普通に考えるとこのお店やっているのかな?と不安になると思います。
お知らせが書かれた日が5年前のものだったらそう思うのも当然です。

これはアナログな世界では絶対にやらないことだと思います。

ただこれがデジタルになるとアナログでは絶対にやらないことを平気でやってしまうわけです。
ホームページを見るといつまでも5年前のお知らせが載っていて、それが最終更新日ということがざらにあるのです。

もう一つ例えをします。ラーメン屋さんに入った瞬間に、店主が出てきていきなり味噌ラーメンを出してきたとします。
お客さんは醤油ラーメンが食べたかったのに、味噌ラーメンを文句を言わず食えと言わんばかりに差し出されます。
これってアナログの世界では絶対にありえないですよね?

しかしデジタルの世界になると、入ってきたお客さんにいきなり味噌ラーメンを売り付けることが起こっているのです。
しかもものすごい勢いで味噌ラーメンを売ろうとしているわけです。

お店に入った瞬間に、初対面の人に商品をごり押しされて売られそうになったら、もうそのお店には二度と行かないじゃないですか?
こういうことが実際にデジタルの世界では起こっているという事なんですね。

デジタルになると急に判断力が下がり、アナログでやっていた当たり前の判断ができなくなってしまうのです。
ここは本当に気をつけた方が良いと思います。

初めて来た人にいきなり商品を売ってはダメで、買ってもらうにはやっぱり段階があって、まずはホームページを見た人に信頼してもらうこと。
これが1番大事だと思っています。商品を売りつけるのではなく信頼を与えるという事です。

まずは現在のホームページを見渡して、信頼を失っている箇所を洗い出してみましょう。
その信頼を失っている箇所を一つ一つ潰しながら、ホームページの改善をしていった方が良いと思います。

話は変わりますが、僕は事務所というものをすごく大事にしています。
職業柄、全国どこにいても仕事ができる仕事なので事務所を持たなくても成立してしまう職業です。
だけど事務所がそこにあるという事をものすごく重要視しています。

何故かと言うと、そこの場所にきちんと事務所があることが「信頼」につながるからです。

デジタルの世界では、架空サイトやフィッシング詐欺などの怖いニュースが溢れています。
そこで騙されてしまう人も多いのです。

スマホの登場によってデジタルが急に身近になりましたが、上記の様なリスクがある事も事実です。
僕らは余計に「信頼」を得るために、「信頼」を失うリスクを徹底的に排除していかなければいけないのだと思います。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE