BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 時間の使い方を上手になりたい

POSTED | 2021.04.25 CATEGORY | 仕事のこと

時間の使い方を上手になりたい


こんにちは、今日はゴールデンウィーク前の最後の日曜日ですね、皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕は相変わらず本日もお仕事をしております。

さて、今日は時間の使い方を上手になりたいという話をしたいと思います。

働き方改革に関する法律が定められてから、僕たちは時間と向き合う時間が増えました。
残業時間が厳しく制限され、そして今の世の中の状況としては人手を増やすよりも人手を減らす流れ。

個人に与えられた仕事の量が増えているにもかかわらず、労働時間は厳しく制限されているので
より効率の良い働き方をしなければいけません。

会社からは生産性を上げろ!生産性を上げろ!の一辺倒で。
そんなこと言ったって時間には限りがあるんだから仕事の量を減らしてー!と声を上げたいという方も多いのではないでしょうか。

そんな事を言っても何も始まらないので、僕たちは与えられた時間を有効に使うべき方法を考えなくてはいけません。

なので時間の上手な使い方について考えてみたいと思います。

やっぱりこういう時は、時間を有効に活用している人から学んだ方がいいと思います。
時間の使い方が上手な人の特徴としては大きく2つあって、1つがやるべきこととやらないことをきっちりと判別できるという点です。
そしてもう一つは仕事に対する集中力が高い点だと思います。

時間を上手に使うためには、シンプルに考えると無駄な時間を排除しなければいけません。

無駄な時間を紐といていくと、やらなくてもいいことをやってしまったり、
本来時間をかけてやるべき仕事とそうではない仕事で力の入れ方を逆にしてしまったりと散々です。

なぜこのようなことが起きてしまうかというと、「経験と知識」が圧倒的に足りないからです。
「経験と知識」が圧倒的に足りなければ、結果的に無駄な時間を多く使ってしまうことになります。
挙げ句の果てに無駄だった事さえ気付かないというオチです。

アルバイト初日の子と、アルバイトを3年やっている子とでは知識と経験が圧倒的に違います。
したがってアルバイト初日の子に無駄な作業をするなと言っても、何が無駄で何が無駄じゃないかが判断できないので基本的には難しいですよね。

なのでアルバイト初日の子には、1秒でも早く経験と知識を積み重ねる為、したたかにいかなければなりません。

次に仕事に対する集中力を高めること。

今はほとんどありませんが、飲み会のある日の集中力といったら半端ないじゃないですか?
なんとしてでも飲み会が始まるまでに仕事を片付けなければいけないプレッシャーがあり、その日の仕事っぷりは別人です。

これは終りの時間がきっちりと決められている為で、いつも以上に集中力が高まりまくります。
しかも、何時までに何をやり、何時までにあれをやりと、細かな時間配分が自然とできることも要因のひとつです。

飲み会がない時は、就業時間内に終わらなくても自分の時間を削れば時間は無限にあると思ってしまっているのです。

残業代がつかなくて身入りがなくても、自分のプライベートの時間を減らすのも自己責任なので、
自分ががまんすればいいやという考え方になってしまいます。

やっぱり毎日飲み会があるつもりで、きっちりと仕事の終わりの時間を定めておくことが大切です。

集中力については仕事の経験や知識がなくても誰もがコントロールできます。

もし集中力が短いというお悩みをお持ちの方がいたら、おすすめの取り組み方があります。
それはまず、自分自身の集中できる時間を測ります。

例えばこれが30分だったとしましょう。そしたらまずは自分の集中力+αの時間で時間を区切っていきます。
まず30分よりも5分長い35分集中して仕事をするようにします。

ここで大事なのは35分続けた後にご褒美を何かしら自分に用意しておくことです。

そしてその35分できたらまた+5分増やしていきます。
そんな感じで徐々に徐々に集中力が続く時間を増やしていくといいと思います。

そうは言っても人間が集中できる時間は限度があります。
自分のリズムに合った集中できる時間を見つけてそこを基準に仕事に取り組んでいくといいと思います。

まとめますと、時間を上手に使うためには、やるべきこととやらないべきことをきっちり判別します。
現状、判別が難しい経験の少なさであれば、1秒でも早く経験と知識をつけるためにしたたかにいきましょう。
そして、集中力を高めるためには必ず終わりの時間を定めて、その時間までになんとしてでもやるという意気込みで仕事に取り組むことと、
自分の適正な集中力持続リズムを知り、自分の集中力を自分でコントロールしていった方がよいということです。

休みまで残り1週間。
今週もがんばっていきましょう!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE