BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 明日から集客担当になったあなたへ

POSTED | 2021.04.17 CATEGORY | 集客のこと

明日から集客担当になったあなたへ


こんにちは、今日は「カニクリームコロッケ」って素敵な響きだよねと再確認したナカムラです。
(´-`).。oO 黄金コンビですよね。

さて、今日のお話はピンポイントターゲットで「明日から集客担当ね!」と言われた”あなたへ”向けた記事です。
明日から集客担当に任命された人が、例えこの世の中にいなかったとしても、気にせずに記事を書き進めます。


集客とは何か

集客とは言葉の通り、お客さんを集めることです。
どんなに素晴らしい商品やサービスも、知ってもらえなければ売れません。
しかしながら、広告費用をバンバンと使用してがむしゃらに人を多く集めれば良いかと言えばそうではありません。
集客担当者としての役目は「人を多く集めること」なので一見成果が出ているようにみえます。
しかし、集まった人が商品やサービスを全然購入してくれないようであれば、会社としては赤字です。
なので誰でも良いからとりあえず多くの人を集める集客よりも、より見込みのあるお客さんを集めたいものです。


集客方法には何がある?

世の中にはどんな集客方法があるのでしょうか?
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、WEB、SNSなど多くの集客ツールがあります。
費用についてもピンキリで、数千万〜無料まで幅広いものです。

広告を大きく分けると「アナログ」と「デジタル」の広告に分けられます。
こんなご時世なので、「デジタル」での集客に舵を切りたくなりますが、「デジタル」の世界はもはやレッドオーシャンです。
特にコロナが騒ぎ出したここ1年あまりで戦場と化しました。

とはいえ、アナログでの集客効果が減ってきている今、デジタルを活用した集客からは目を背けることができません。


ターゲットは?予算は?目標は?

やみくもに集客活動を行うべきではありません。
ききんと目標を立て、それに伴う予算を決めるべきです。

そして、冒頭でもお話ししました「より見込みのあるお客さんを集める」ために、きちんとターゲットを決めましょう。
ターゲットを決めると必然的に露出する場所が決まってきます。

ターゲットはテレビよりもYouTubeで新聞はとらずもっぱら情報源はWEBであれば、テレビCMや新聞広告などは広告候補から外れます。
ターゲットが日々どのツールから情報に触れているかを想像すれば良いのです。


予算が少ない時は・・・

社長、目標の人数を集客するためには広告予算が「500万円」かかります!
さっそく決裁をお願いします!と言ったところで中々決裁はおりませんよね。

まずはお金がかからないところから始めてみようとなり、結局SNSの更新やホームページの改善に行き着くのです。
しかしながら、WEBでの集客は基本的に時間と手間がかかります。
じっくりと腰を据えて地道に取り組んでいかなければいけません。

基本的にアナログとデジタルの原理は一緒です。
アナログの場合、より多くの「広告費」をかければその分露出できます。
デジタルの場合、より多くの「人権費」をかければその分露出できます。

広告費よりも人件費の方が見えにくいので、ついついデジタルの方がコストが低いと勘違いしてしまいますが、意外とデジタルもコストがかかることをしっかりと頭に入れておいた方が良さそうです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE