BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 仕事を手放す勇気

POSTED | 2021.04.15 CATEGORY | 仕事のこと

仕事を手放す勇気


こんにちは、とある事情で「にんにく」を車で運んでいたところ、車の中が「にんにく臭」になり、なんだか活力が湧いてきたナカムラです。

さて、今日は成長するためには絶対に外せないけど、世の中の多くの人が足踏みしてしまう「仕事を手放す」についてお話をしたいと思います。
500%自分自身への戒めですので、ポンコツナカムラ!と思いながら読んでいただければと思います。


成長し続けるために

僕は生涯成長し続けたいという願望がめちゃくちゃ強いです。
なぜなら、成長を望む事を辞めてしまったら、その時を境に「衰えが始まる」ものだと思っているからです。
常に成長したいと思い続けています。

ただし、闇雲に成長し続けたいという願望だけ一丁前では成長できません。

人に与えられた時間は有限であり、毎日の生活は日々のルーティンで構成されています。

朝起きて、ご飯を食べて、会社に行って、仕事して、帰宅して、ご飯を食べて、テレビを見て、寝るみたいに。
日々のほとんどの行動はルーティンでできています。

成長し続けたいと思ったら、日々のルーティンに新しいインプットをする時間を組み込む必要があります。

インプットをする時間は、日中の行動できる時間から日々のルーティンの時間を差し引いた時間を充てることができます。
つまり、成長するためには自分に与えられた、自分が利用できる時間をどう有効的に使うかが鍵を握っています。
時間の使い方を間違ってしまうと、インプットする時間が確保できないので成長できません。

しかしながら、僕の1日のスケジュールは、寝ている時間以外はほとんど仕事をしている時間に使われているので、
自分に与えられた自由な時間はほぼありません。

なので、成長するためには「仕事における時間の有効活用」が非常に重要になってくるのです。
しかしながら、現実は通常の仕事を優先しなければいけないので、すぐに時間を有効活用しようと思っても何も変われません。
根本的に仕事のやり方を変えなければいけないのだと思います。


仕事を手放す

成長し続けるためには、自分がすでにできるようになった仕事は他の人に任せるべきだと言われます。
いつまでも、できるようになった仕事をしていたのでは、新しい何かにチャレンジする機会がなくなり、結果的に成長することの妨げになります。

その事をうけて、自分自身の仕事を今一度棚卸ししてみて、極力誰かに任せられるような仕事は任せていこうと考えます。
しかし、これは”あるある”だと思うのですが、誰かに仕事を任せるって結構しんどくないですか?
教える時間もとられますし、何よりも自分でやってしまった方が早いと思ってしまうからです。僕もその一人です。

だけど、これは実は目先のことしか考えていない証拠で、先のことを考えたら多少めんどくさくても”今取り組む”必要があるのです。
目先の利益をとるか、将来の利益をとるか。

僕はいつも目先の利益よりも、将来積み重なる利益を選びなさいと言っている手前、
自分自身が誰よりも目先の利益を選んでしまっている現実があるので、穴があったら入りたいですし、
穴がなかったらブラジルまで掘り進んででも入りたいと思います。

はい、がんばります!

・・・


さらに言い訳をする

僕らの仕事において1つ問題なのが、どこまでいったら”できるようになった”かと言えるのかが曖昧な点です。

例えば僕がデザインができるようになったから手放そうと考えた時、どんな基準を満たせばデザインができるようになったと言えるのでしょうか。

もし仮に自分にとってデザインができるようになったと思える基準が、自分にとって納得がいくデザインが出来上がった時、
又は自分にとって納得いくデザインが継続して作れるようになった時とすると、
一生かかっても「デザインができるようになった」とは言えそうにありません。

これってデザインに限らず、マーケティングも一緒です。
特にマーケティングの学ぶべき範囲は広すぎますし、時代の流行にも左右される(常に変化していく)ので終わりが見えそうにありません。

そんなことを考えていると、「自分には自信をもってできるようになった事があるのか?」と落ち込んできます。
まだ自分の仕事に満足できてない自分がいるので、誰かに仕事を渡していく事ができないという言い訳をしてしまうのです。


もう一つの考え方

自分にとって出来るようになったことを手放すという考え方の他に、
「自分にしかできない事以外は誰かに渡す」という考え方があります。
これなら何となく納得できます。

自分にしかできない事以外を誰かに任せるようになると、任された人も成長する機会に繋がります。
逆を言えば、自分以外の人でもできる仕事を継続的に自分でやり続けてしまうと、他の人の成長機会を奪ってしまっているとも言えます。

・・・恐ろしい。

結論ですが、「自分にしかできない事以外は手放す」が良さそうな気がします。
目先の利益ではなく、将来積み重なる利益のため、”今”手放す勇気と実行力が問われます。。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE