価格競争から脱却するためのブランディング | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

価格競争から脱却するためのブランディング

ブランディング

POSTED | 2021.04.14

WRITER | ハギワラ マサタカ

価格競争から脱却するためのブランディング
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は競合と同じカテゴリーの商品を売っていても違う価値を表現して消費者に比較されないようにブランディングしよう!というテーマでお話ししたいと思います。
(長いテーマになってしまった。。)

価格のアンカリング

まずいきなりですが、商品の価格の高い安いという判断は人それぞれ変わってきます。
なぜなら事前に見た商品の値段で価格のアンカリングがされているからです。(事前情報を基準としている)
※アンカリングとは認知バイアスの一種であり、先行する何らかの数値(アンカー)によって後の数値の判断が歪められ、判断された数値がアンカーに近づく傾向のことをさす。(Wikipediaより)
例えば、スタバのコーヒー(500円)、コンビニのコーヒー(100円)、スーパーに売られているコーヒー(70円)とあったとします。
スタバのコーヒーとコンビニのコーヒーを比較して、事前にみたコーヒーの価格がスタバのコーヒーであれば、後にコンビニのコーヒーの価格を見たときに「安い!」と感じると思います。

もしコンビニのコーヒーより先にスーパーに売られている安いコーヒーを目にしていたら、コンビニのコーヒーが高く感じていたと思います。
(物価が高い国から安い国に行った時に感じる感覚と同じです。その国の人からすると高いと感じているかも。)

このように、基本的に人は、事前に取り入れた情報でアンカリングされ、後に同じカテゴリーの商品を目にするときは、このアンカリングが常に影響を及ぼして高い安いを判断します。

これでは高い商品がやっぱり不利ですよね。そりゃ同じ商品だったら安い方がいいです。

価格競争に巻き込まれないために

ここで解決策!
安い価格にアンカリングされたユーザーを自社のサービスに興味を持ってもらうにはやっぱりブランディングが必要です。

もしスタバが、コンビニコーヒーと全く同じ商品(価値)を提供していたら、おそらくここまで有名な企業にはなっていないと思います。

もう少し詳しく書いてみます。
例えば、スタバが提供している価値とコンビニが提供している価値が全く同じと捉えている人がいたら、その人は間違いなく安いコンビニコーヒーしか買わないと思います。
ですが、スタバが提供している価値を正しく感じ取っている人がいて、コンビニのコーヒーとの違いを理解している人は現在の自分の欲求に応じてスタバとコンビニをうまく分けて利用するかと思います。


つまり、コーヒーという同じカテゴリーの中で安い価格にアンカリングされているにも関わらず、あそこまで消費者に支持されているのは、「コンビニのコーヒーとは違う価値を弊社では提供しています。」と消費者にうまく伝えられているからです。
もしスタバがただ「弊社のコーヒーはコンビニコーヒーよりも美味しいですよ!」と消費者に発信をしていたら、コンビニと比較をされてしまい、「何百円も安いならコンビニのコーヒーにしよう!」となってしまいます。

比較されない市場へ

ここでスタバが提供している価値についてお伝えすると、「サードプレイス」です。
要は「第三の我が家のような居心地がいい場所」ということです。
そもそもスタバはコーヒーを売っているわけではなくて、空間や体験全体を売っているということです。
なので、コンビニのコーヒーの価値と同様と捉えられ、比較されてしまったら負けてしまう。ということになります。

スタバのすごいところはここをしっかりと理解して価値を設計し、一貫したブランディングを行っているところです。
さらにそれが途切れることなく継続されており、消費者にダイレクトに伝わっています。

今はモノが溢れて、機能だけではなかなか差別化できませんし、同じ価値と判断されてしまったら間違いなく安い方を選択されてしまいます。
そうなると襲ってくるのは価格競争に巻き込まれてしまうことです。

今一度、安い価格にアンカリングされた状態を突破していくための、正しいブランディング戦略を取り入れていくことをおすすめします!


自社独自の他とは違う魅力的な価値を正しく訴求していきましょう!


引き続き頑張ります!


それではまた!!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 価格競争から脱却するためのブランディング

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。