駆け引きが苦手なんです。 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

駆け引きが苦手なんです。

仕事のこと

POSTED | 2021.04.05

WRITER | ハギワラ マサタカ

駆け引きが苦手なんです。
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日のテーマは「僕は駆け引きが苦手なんです」というテーマについてお話ししたいと思います。

僕はこれまで接客業や営業などの経験の中であらゆるお客様と向き合ってきましたが、
その際につくづく思っていたのが、「あー俺は駆け引きができないわ、、、」といつも思っていました。

仕事の本質はお客様の課題解決思っていて、
お客様がお問い合わせをしてくるということは、何かしらの課題を抱えています。
お問い合わせやご相談があると僕はすぐに会いに行ってお客様と対話をするのですが、その時に冒頭からすぐにお金や条件のお話になり、駆け引きみたいなものが始まることがあります。
本当に話すべきことはそこなのか?といつも疑問を抱いていました。
(もちろんどれも大事な事ですけどね。)

基本的に僕がお客様とお話をするときは、自社が提供しているサービスでお客様の課題をどのように解決することができるのか?を常に考えながらお話をしています。
そしてお客様と向き合っていると想定していた解決方法とはまた違った角度の解決方法が浮き上がってきたりもします。

課題解決ということは、今ある物でただお客様のお悩みを解消することだけではなくて、何かしらの新しい価値を生み出して課題を解決していくことも含まれると思います。
なので基本的に条件面の駆け引きよりもお互いに将来何を生み出すか、価値を創造していくかを話し合うことが重要だと思います。


このような考え方なので、お客様と向き合っている時に常に心掛けていることがあります。
それは 相手に「交渉の場だ」という雰囲気を察知されない様に言葉をめちゃくちゃ選んでいます。
ガチガチの交渉の場となってしまったら、お互いに何もメリットがない時間と空間になってしまうからです。
条件についてのお話は最後の最後にお話しすることだと思っています。

もちろん、お金があればまた違った価値が生み出せるかもしれませんが、僕はこれからも条件面のことより先にお互いの強みをどのように融合すれば、ワクワクする未来を作り出せるのだろうか。ということをお客様とお話ししていけたらと考えております。
(お金は面白いことをしていればきっと後からついてくるはず!!)

実際に以前の職場でお客様と自分が双方でワクワクしている時は本当に面白いことができていましたし、結果として良い効果が得られていました。

世の中綺麗事だけでは済まされないのかもしれませんが、自分の行動と結果から少しずつ証明していけるように頑張りたいと思います。

僕は本当に駆け引きが苦手なので、ポケットにお問い合わせいただくお客様とは、自分たちだけが作れる魅力的な価値をどのように創造していくかについて、お互いにワクワクしながら話し合えたら嬉しいです!

引き続き頑張ります!

※お知らせ
・僕のブログは月曜日〜金曜日は毎日更新しております。
明日も見にきていただけたら嬉しいです!
そしたらとても励みになります!

・近日中に中村さんとの雑トーク動画をアップする予定です!
話すことは全く決まっていない状態で撮影するので、どんな話が飛び出すのか中村さんも僕もわからないのでドキドキです。
是非見ていただけたら嬉しいです。
(完全に趣味動画!笑)

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 駆け引きが苦手なんです。

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。