BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 好きなことを仕事にするということ

POSTED | 2021.04.03 CATEGORY | 仕事のこと

好きなことを仕事にするということ


こんにちは、本日はなんとも言い難い大失態をおかしまして、それは五月病のせいということにしておこうと決めたナカムラです。

さて、4月ということで新生活をスタートされている方も多いかと思います。
新社会人は期待と不安が混ざりながら毎日を過ごしていることと思います。

仕事をしている時間は人生の中で多くの割合を閉めるので、やっぱり嫌いな仕事よりも好きな仕事をしたいものです。
でも「好きなことを仕事にできる人」は一握りと言われます。

僕は20歳前後の頃、これといって特になりたいものも、携わりたい仕事もありませんでした。
当時は仕事が嫌いで、できれば仕事はしたくありませんでしたが、生きていくにはお金を稼がなければなりませんでした。

なので、とりあえず自分の興味のある分野のお仕事をしようと思ったのです。
「音楽」が好きだったので、音楽に触れられる仕事をして。
「犬」が好きだったので、犬に触れられる仕事をして。

・・・その結果、音楽や犬が好きという気持ちが薄れてしまいました。
それがなぜかというと、好きなものを商品として考えなければいけず、好きな気持ちがある故になんとも複雑な心境になり、時に苦しい気持ちになりました。

やっぱり「好きなもの」はプライベートで好きなタイミングに、自分のペースで楽しめるから「好き」なのだと気づいたのです。

好きなものを仕事にすると辛くなる。
だから「好きなことを仕事にできる人」は一握りなのだと思います。

話は変わりますが、僕は今のこの仕事が天職だと思っていて、大好きな仕事になっています。
というか正しくは、「好きになった仕事」です。

若い頃は好きなものから仕事を探していましたが、今の僕のデザインの仕事は「好き」からはじまったものではありませんでした。
「好き」ではなく、「誰かの役に立つか否か」で選び始めた仕事です。
それが結果「好きな仕事」になったのです。

自分ができる「誰かの役に立つこと」起点で仕事を選んでみると、思いの外「好きな仕事」に出会えるのかもしれません。

僕はやっぱり仕事が好きなら人生は楽しく、仕事が義務となれば人生はつまらなくなると思っています。
仕事が人生の全てでは決してありませんが、仕事は自分の人生に大きな影響を与えますからね!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE