BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 会社が潰れそうになりました-続編-

POSTED | 2021.03.29 CATEGORY | 経営について

会社が潰れそうになりました-続編-


こんにちは、緊急事態宣言があけて街も人も活気付いていて、元に戻ってるんじゃない?と思っているナカムラです。
(´-`).。oO まだまだ気を引き締めなければ!

さて、前回の「会社が潰れそうになりました」という記事が好評?だったそうなので、調子に乗って続編を書きたいと思います。

前回はさらっとなんとかなりましたと書いたのですが、決してさらっと軌道に乗ったわけではなく非常に泥臭い戦いでした。

その時の泥試合について書きたいと思います。


起死回生の一手は幻想

ヤバイなんとかしなくちゃ!と思った時、手っ取り早く挽回しなきゃという衝動から、新しい事業を始めようと考えます。

実際、ヤバイ時に新規の事業を始めようと考え、具体的に行動に移した物もいくつかあります。

それらの事業は突発的に出た物では決してなく、それまで頭の中にぼんやりあったものです。
僕的には起死回生の為の最終兵器みたいな感じで考えていて、ついにそれを発出するか!みたいな感じでした。

しかし、その事業は全て面白いほど不発に終わりました。

ここで分かった事はひとつ。
テレビで見るような一発逆転はないということです。

瀕死の状態になる前の段階で、それらの新規事業を始めたとしてもきっと失敗していたと思います。

そりゃそうですよね。
限りなく成功するであろう事業だったらとっくの昔にやっていたはずですから。


新規事業を考える前に

そもそも新規事業へ進出する際の思考パターンは
①既存の市場に新商品を投入する
②新規市場に既存商品を投入する
③新規市場に新商品を投入する
があります。

①は新商品開発の為のコストがかかります。
お金も時間もリソースも割かれます

③は①に加え新規市場に露出するための広告宣伝やこれまたリソースも割かれます。

瀕死の状態にあると、当然資金が不足しているので、①と③の勝負に打ってでるのは危険です。

そうなると、残された道は一つ。
新規市場に既存商品を投入するです。

以前にもブログで書いたのですが、転職の際に自分の価値を手っ取り早く上げる方法があって、それは市場を変えることです。

今いる市場の価値の相場が50だとして、別の市場に出て行くことで価値が80になる場合があります。

僕が昔、転職をした際デザイン業界での自分のデザイナーとしての価値は手取り15万くらいでした。
しかし、業種を変えてみると自分の価値を25万だと評価してくれる会社があったのです。

これってすごくないですか?
市場をスイッチすることで価値が上がるのです。

自分たちの商品やサービスを今の市場以上に必要としている市場があるかもしれません。

目を思いっきり見開いて世の中を凝視してみました。

瀕死の状態の時は出血を抑えながら、出血をオムライスのケチャップに使うくらいの勢いで考えた方がよいかもしれません。

・・・

しかし、偉そうなこと言っていますが、僕にはその当時既存商品を新規市場に売る道についておもしろいほど何も思いつきませんでした。

すみません(笑)


現状を知る

瀕死の時は割と身の回りの事が見え辛く、ただただ不安だけが襲ってきます。
不安に思うとまた周りが見え辛くなり、また不安になります。

そんな時は一度頭の中を整理します。

一体自分たちには毎月いくらの利益が必要で、いくらの売上が必要なのか。
必要な売上を作るには何をどれだけ売らなければいけないのか。

そうすると、次第にやるべき事と今はやらない方が良い事が判別できます。

瀕死の時は起死回生の一手はない事を頭に入れながら、やるべき事を粛々と進めるしかありません。

僕は過去の瀕死の時、最終的に自社サイトのリニューアルや実績の追加、毎日のブログなどサイトを更新しまくりながら、
リスティング広告やSNS広告で露出を図るという、いつもやっていた事を更に強化することで乗り切ってきました。

新規事業よりも、結局そこだったのです。
しかしながらやっぱり不安な気持ちが多すぎると、それらの基本的な事に意味を見出せなくなります。
こんなこと、今更やっても・・・みたいな。

なので、一度頭を整理した後、どんな時にもポジティブな考えで、なんとかなる!
と自分に言い聞かせながらやるべきことを粛々とやる・・・。
そんな感じで会社を守っていきたいものです。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE