BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > ホームページの値段が上がり続けている

POSTED | 2021.03.27 CATEGORY | ホームページのこと

ホームページの値段が上がり続けている


こんにちは、4月からの消費税総額表示の件で激しくバタバタしているナカムラです。

今日はホームページの価格についてのお話をしたいと思います。

ホームページの価格についてみなさんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
多分おそらく多くの方は「よくわかんない」と思います。

たまねぎの値段なら高い安いなどの判断ができますが、
ホームページになるとその判断ができないと思います。

たまねぎは日常的に買うものなので、頻繁にたまねぎの価格に触れています。
しかしホームページの値段については、日常的に触れることがないので、結果「よくわかんない」になります。

今ではクラウドサービスで無料で誰でも簡単にホームページを作ることができます。
かと思えば、製作会社によっては30万、50万、100万、500万、1,000万円と価格がまちまちです。

無料から1,000万まで価格の幅がありすぎてビビる人も多いと思います。

誰でも簡単に無料でホームページが作れるようになったのだから、業界の相場もさぞ下がっているのだろうと思いきや、
ここ数年でホームページの価格はめちゃくちゃ上がっています。

現にうちの会社も価格が上がっています。


価値が上がり続けている

インターネットが普及し出した頃は、ホームページはなくても良い存在でした。
しかし、2007年ごろからスマートフォンが急激に普及し、ホームページの価値が急上昇しました。
その後SNSが普及したり、動画が普及したりしてさらにホームページの価値が上がりました。
今ではホームページがない会社は存在しないと思われるぐらい必要なツールとなったのです。

ホームページの価値は、インターネットの登場からこれまでの間で上がり続けているのです。


仕事の量が格段に増える

一括りにホームページの制作といっても、制作に必要な領域がとても広いのです。
ホームページ制作のための基本知識はもちろんのこと、ブランディング、マーケティング、デザイン、SNS、動画、写真、文章と挙げ出せばキリがありません。

業界内は昔に比べて制作にかかる知識・範囲、関わる人の数、仕事の量が格段に増えたのです。
昔はホームページに対しての価値が低かったため、制作会社は「作る」ことができれば良かったので1人でも制作ができました。
しかし今では複数人のプロジェクトを組んで、それぞれの専門家が分業して作なければ対応できないほど複雑化してきています。


人件費が高騰

1人で作るホームページと複数人で作るホームページが同じ価格というわけにはいきません。
3人で作る場合は、3人分の人件費が必要になります。

さらに、制作会社は優秀な人材の確保を目指すので結果的に人件費が高騰します。
今後人手不足が続くと、さらにホームページの価格は高騰していくと思われます。


運用のコストも高騰している

昔に比べてイニシャルコストだけが上がったのかといえばそうではなく、運用のコストも上がっています。
昔はホームページを持っている会社が少なく、きちんと運用していればそれなりに効果がありました。

しかし今のネット上は激戦区です。池袋のラーメン屋並みです(笑)
昔に比べてより多くの費用や時間(コスト)を投資しなければ効果が得られなくなってきています。
こうしている間にも、資本力のある企業がどんどんとネットの世界を牛耳り、知識のある人が結果を出し続けています。

そうなると、昔に比べてホームページにかけるコストはめちゃくちゃ上がります。
コストをかけないと勝負に負けて意味のないホームページになってしまうのです。


本日のまとめをすると、近年ホームページの価格は上がり続けており、今後も上がる見込み。
制作領域・求められることが年々増えているので、それをカバーするために制作会社は優秀な人材を確保せざる負えなくなり、
結果人件費が高騰してそれが価格に反映される。
ネット上は激戦区で、その勝負に勝つためにはコストをかけ続けなければいけないということです。

イニシャルコストやランニングコストは誰しも安い方が良いに決まっています。
しかし、目先のコストだけを考えてしまうと結果的に意味のない投資になってしまいます。
その辺りはきちんと見極めた方が良いのかなと思います。

それでは、また明日!


最後におまけ

ナカムラ研究所調べのホームページの相場

フリーランス10〜30万円
制作会社-小規模-30〜100万円
制作会社-中規模-100〜300万円
制作会社-大規模-300〜500万円

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE