良い時間なんです。 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

良い時間なんです。

ブランディング

POSTED | 2021.03.26

WRITER | ハギワラ マサタカ

良い時間なんです。
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日は「ブランディングワークショップは想像以上に良い時間なんですよ!」というテーマでお話ししたいと思います。

ブランディングの中でも一番時間をかけて行うのが、ブランディングワークショップです。

何名かのスタッフの方に出席していただき、自社の強みや弱み、ポジショニング、アイデンティティ、体験設計、推奨行動、禁止行動などを決めていきます。長い時間をかけて自社の事をとことん見つめ直し、意見を出し合っていくため、社内の共通認識が生まれます。
以前の記事にも書かせていただいた通り、ブランドは社員から生まれるものなので、外向け(アウターブランディング)よりも内向け(インナーブランディング)の方が大切です。
https://pocket-design.co.jp/journal/20210315-8/
また、ルールとしては、否定的な発言は一切なしです。
誰かの発する意見に対して、「それは違うよ!」というのは禁止なんですね。
会社のことについて自分の考えを自由に発言できる場所は、なんだか心地が良いんです。
そして最後の方には消極的だった人も積極的に発言するようになっています。
これはもう会社の成長を自分ゴトとして捉えていて、ワークショップを行う大きなメリットの一つだと思います。

ワークショップ内で出される意見に間違いは一つもなく、多く集まった一つ一つの意見をパズルを組み合わせるかのようにまとめていくと、いつの間にか「あ!これじゃん!できた!!」と、パズルが完成した時のように本質的な価値や戦略が発見されます。

僕は以前の職場でワークショップの受ける側として何度が出席したことがあるのですが、
何とも言えない充実感があります。
本当に良い時間なんですよね。


ですが、実はこれがスタートです。
ここからアクションを起こさなければ何も変わりません。
戦略が決まったとしても、それをどのように自社の施策まで落とし込むのか。
実はここで躓いてしまう方は多いと思います。
戦術まで落とし込み、行動を積み重ねていかなければ、強いブランド作れません。

実は、ブランディングにはゴールがありません。
企業の活動が続いている限り、ブランディングも続いていきます。
逆に言えば、正しいブランド作りを少しずつ少しずつ積み重ねれば、無限に強く大きくなっていくということです。


世の中の動きも早く、それと同時に人の興味関心も変わっていくので、臨機応変に対応していかなければなりません。
この時大切なのは理念は絶対に変えないこと。
ブランドが強固なものだと、どんな市場の変化があろうとも柔軟に対応できるはずです。

まずは、スタートしてみましょう!
未来は何が起こるかわからないですが、今から今の仲間と備えておくことはできます。

ブランディングのワークショップは皆で現在と未来のことだけ考える時間です。
真剣に楽しく。
こんな機会はなかなかないですよね。


その「良い時間」を作るお手伝いをさせてください。
楽しく有意義な時間を一緒に過ごせたら嬉しいです。


こんな時代だからこそ、困っている人の役に立ちたいです。


引き続き頑張ります!


それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 良い時間なんです。

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。