実践に勝るものはない! | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

実践に勝るものはない!

仕事のこと

POSTED | 2021.03.25

WRITER | ハギワラ マサタカ

実践に勝るものはない!
こんにちは!
はぎーです!

今日は実戦に勝るものはない!というテーマです。


僕は今の自分にないノウハウ、スキル、考え方を学ぶことが楽しくて
必要な情報は自分のものにしようとするのですが、
その時に意識していることはやっぱり実践です。

僕の個人的な能力に限っての話ですが、
本やオンライン講座等でインプットしたことに満足して
そのあと何も実行に移さないと何日後には綺麗さっぱり忘れてしまっていて
活かせるシーンになっても思い出すことができず、
そのまま無かったことになってしまいます。
学んだ時間とお金が本当に無駄になってしまう(泣)

学んだことをしっかり自分のものにするには
自分で身をもって実践していかないと脳や体に染みつきません。

つまるところ、インプットしたら必ずアウトプットする!
これまでの人生で出会った尊敬する方々は間違いなくアウトプットをする場数が
本当に多いんです。

アウトプットをする場数の多さが自身の成長と比例しているのは間違い無いと思います。


なので今も、とにかくアウトプットすることを意識してます。
というより、アウトプットせざる終えない環境になっています。笑


ただ、さすがに理解度0%とか10%で実行に移すことはないです。
40%〜50%くらいの理解度になればまずやってみます。

しかし、これぐらいの理解度だとやはり失敗は付き物で
小さいミスをしてしまうこともあるのですが、これはもうごめんなさい!!と
全力で謝って、全力で反省して次に活かしていきます。

失敗することを望んでいるわけではないですが、失敗することで多くの学びを得ることができ、一発で脳に記憶されます。

だからなんでも100%理解してから実践するのではなく、
何となく理解できた段階ですぐに実践すべきではないかな?と思っています。
(かなり個人的な考えですが、、、)
(あとおそらく実践しないと100%の理解はできないと思います。)

自分は以前の職場などで後輩に失敗することを怒ったことはありません。
そうするとチャレンジしなくなってしまうので。
それよりも後輩の「理解度をしっかりと確認し、すり合わせをして」ある程度理解をしているようであればすぐにトライしてもらいます。
(理解度が低すぎる状態でやらせてしまうと、ストレスと恐怖が付き纏うので逆に生産性が悪い可能性があるかも?)

周りに迷惑もかかるので、失敗してね!と言いたいわけではありませんが、トライしてみることは確実に大事です。

引き続き頑張ります!


それではまた!

WRITED BY

ハギワラ マサタカ

ブランドマネージャー1級
登録販売者

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 実践に勝るものはない!

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。