BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 友人や家族のように

POSTED | 2021.03.23 CATEGORY | 仕事のこと

友人や家族のように

こんにちは!
はぎーです!

今日は「コアファンの方には友人や家族のように接する」というテーマについてです。

テーマの通りですが結論から申し上げると
自分のお店や会社のコアなファンの方に対しては家族や親しい友人のように接した方がいい!ということです。
(コアファンに限ってのお話です。)

僕は家の近くによく行く居酒屋があるのですが、そこの店員さんはいつも僕に対して敬語を一切使わず家族や友人のように接してくれています。
これがなんとも居心地がいいんです。

タメ口というとなんだか少し印象悪く聞こえるかもしれませんが、自分が好き!と思っている人が自分に媚びることなく、タメ口で接してもらえたらなんか嬉しくないですか?笑

僕は学生時代、ずっと野球をやってきた体育会系の人間なので、年上の人に対してタメ口で話すのって少しだけ抵抗があるのですが、イジられて突っ込むときは大抵タメ口になっています。笑

それが相手にとっては心を開いてくれてる!と思ってくれているみたいで、良い関係だなあと思いながらなんだかこちらも嬉しくなります。(壁を感じるとなんか悲しいですよね。)

勘違いして欲しくないのは、狙ってやっている訳ではなく、相手のことを「家族や友人」というように考え方を変えたら必然的にそうなってしまう。というお話です。

相手がお客様という立場の人でも本当に自分の事を好きでいてくれている方に対しては、かしこまりすぎない方がいいと思います。
コアなファンの方はサービスを買っているという感覚ではなく、応援しているという感覚なので、もはや家族や仲間です。

応援してくれているのに、こちらから距離を感じるようなことはしない方がいいです。
もちろん大前提として感謝と尊敬の念は忘れずに!


また、ファンになっていただくアプローチとして、「共感・信頼・愛着」を意識することが重要です。
どれか1つでも欠けてはいけません。
今回の接し方のお話は、ほんの一部分にすぎませんが、お客様がどのようにすれば上記三つの感情を抱いてもらえるかを常に意識して接していくといいと思います。
(両想いの関係って素晴らしい!)

まとめますと、コアなファンの方に対しては「買っていただいている」という考え方はなくした方がいいかもしれません。


僕は応援してくださる方は一生大切にしていきます!
そして僕も全力で応援し、伴走します!
そんな関係を築けたら嬉しいです。
(コロナが明けたらお酒を酌み交わせたら嬉しいです。笑)


引き続きがんばります!


それではまた!

WRITED BY

萩原

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。
メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。

お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE