今ここにないモノ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

今ここにないモノ

仕事のこと

POSTED | 2021.03.20

WRITER | ハギワラ マサタカ

今ここにないモノ
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日のテーマは「今ここにないモノ」です。

今ここにないものとは、デザインのお仕事についてです。

僕は今まで小売業やメーカー営業などの仕事に従事してきましたが、
今の仕事との明確に大きく違うことは、テーマの通り、
今ここにないものを提供しているということです。

これまでは、すでに出来ている完成品を営業したり、接客したりして
お客様にとってベストな製品をお勧めし、お悩みを解決してきましたが、
デザインのお仕事の提供するものはご相談いただく段階では何も製品が存在していないんです。

言ってしまえば、全てのご依頼が特注(オーダーメイド)なわけです。
同じような制作物は一つとしてなく、全て一から制作していきます。
これが本当に今までとは違う点でとーーっても難しいです。
(あくまで僕のこれまでの人生経験においての感想です。)

今ここにないものを一からお客様のご要望やその先のターゲットユーザーのことを考えながら制作していくので
関係者間の意思疎通がめちゃくちゃ重要なんです。
意思疎通がとれず、少しでも方向性がずれてしまうと
目的に沿ったものでない制作物が出来上がってしまいます。

さらにWEB関係の制作物に関しては、完成してもゴールではありません。
そこからどれだけ魅力的なコンテンツを増やして多くの共感を得ていくかが次の課題になってくるので
ゴールではなく、むしろそこからがスタートです。

例えば、新商品開発も同じです。
関係者間で打ち合わせを重ね、製品のコンセプトを決めて
新商品が誰に向けたものなのか、何のためのものなのかを明確にしていきますよね。
これらのこと以外にもデザイン、機能、伝えたいことなど幾度となく作る人と届ける人で認識のすり合わせを行っていきます。
そしていざすごく良い製品ができたとしても、今度は届けかたを知らないと誰にも認知してもらえません。
ここでマーケティングも必要で、知ってもらい好きになってもらう戦略を立てます。
ホームページやECサイトも同様です。
やっぱりないものを一から作って届けるには多くのステップを踏んでいくことになるので、
あらゆる知識を備えつつも第三者の目としてプロジェクトの進行管理を行う人は必ず必要になります。
(この一連の流れにブランディング戦略を取り入れることは必須です。)

僕はディレクターという立場でお客様と関わらせていただいておりますが、
このように考えるとディレクターという仕事はプロジェクトの目的を達成するにあたって
本当に重要な役割を担っております。
そしてやりがいが半端ない。
(もちろんデザイナーさん、コーダーさんも重要です。)

この記事を書きながら改めてお客様、デザイナーさん、コーダーさんとのコミュニケーションと信頼関係を大切にして
仕事をしていこうと思っております。


今ここにないものだからこそ、お客様や会社の仲間との意思疎通を意識して、
Only oneの魅力的なものを創り育てていければと思います。


引き続き頑張ります!

それではまた!

WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。企業全体で500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機械メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 今ここにないモノ

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。