BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > ブランドの一貫性

POSTED | 2021.03.15 CATEGORY | ブランディング

ブランドの一貫性

こんにちは!
はぎーです!

今日のテーマは「ブランドの一貫性」についてです。

よくあるお話ですが、ブランディングと聞くと
企業から発信される制作物(チラシ、パンフレット、ホームページ、ECサイト等)の
意匠的な部分のみを統一する事と思われがちです。
しかしながら、答えはNOで
ブランディングとは「事業戦略」という認識が正しいかと思います。

ブランディングの要素は上記のような制作物の他にも多く存在し、
例えば、企業が提供する製品・サービスや
その企業で働く「人」までもが全てブランディングにおいて重要な要素となってきます。

これらの要素は大きく二つに分けられます。
それは「アウター(エクスターナル)ブランディング」と「インナー(インターナル)ブランディング」です。
チラシ、パンフレット、ホームページ、ECサイト等はアウターブランディングに該当します。
これらは企業の外側に対して共感を得ることをいいます。

一方、インナーブランディングは企業の内側(従業員)に対して共感を得ることをいいます。
簡単に言うとその企業に所属する従業員に対して企業の理念、価値観、行動指針等の浸透活動を行い、
共感を得て、常にそのブランドの理念、価値観、行動指針を念頭におきながら仕事に従事もらう戦略になります。

ブランドは従業員から生まれるものだと思っています。
従業員にブランドへの想いが浸透しており、なおかつそれが日々のビジネスに反映されていて、
初めてブランドイメージは実態を伴ったものとして外部に伝わります。
逆にいえば、この部分を疎かにしていたら、アウターブランディングにどんなにお金をかけても、
そのブランディングの成功確率は低くなります。
(従業員のモチベーションを維持する社内教育や社内制度もブランディング戦略の一部です)

このように考えるとどちらかというと優先すべきはインナーブランディングです。
ここにリソースを割かれている企業はまだまだ少ないのが現状です。

これからの時代は情緒的価値が選ばれる基準になってくるので、会社で働く従業員がどれだけ企業ブランドを意識して、
お客様にサービスを超えるおもてなしができるのかに重点を置くべきではないかなと思います。

・従業員の教育
・企業コンセプトの新規策定、見直し
・社内制度
・ブランドブックの作成、配布
などなどインナーブランディングだけでもやるべき事は多くあります。

一気通貫のブランディングを行うにはアウター、インナーどちらのブランディングも疎かにできず少しのブレも許されませんが、
まずはインナーブランディングから着手し、大きな力を蓄えた魅力的なブランドをアウターブランディングで発信していくことがおすすめです!

ブランディングは長期戦になるので、何年後かの未来のために
今から少しずつ取り入れていただきたいと思います。

私は「共創と共育」を念頭に置き、
お客様と唯一無二の魅力的なブランドを育てていければと思っております!


引き続き頑張ります!


それではまた!

WRITED BY

萩原

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。
メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。

お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE