現状を知る | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

現状を知る

ブランディング

POSTED | 2021.03.09

WRITER | ハギワラ マサタカ

現状を知る
こんにちは!
ブランドマネージャー兼WEBディレクターのハギワラです。

今日のテーマはブランディングワークショップの際に行う現状分析についてです。

ブランディングの初期段階では、
様々なフレームワークを用いて現状おかれている会社の状況を分析していきます。

なぜこのような分析を行なっていくか。
簡単に言うと、今の自社の戦力と今後企業に及ぼす影響はどんなものがあるのかを知っておかないと、
打つべき戦略を誤ってしまう恐れがあるからです。


現状分析の次のステップは
どこの市場を狙うか、どこのポジションを獲るか、どのようなコミュニケーション戦略をうつかを考えていくので
限られたリソースをどこに投下するかを判断するために現状の分析はとても重要で時間をかけて行います。

なので、企業でなにかの施策を打つ際は必ず現状を分析しておかないと
時間とお金を無駄にしてしまう可能性が非常に高くなります。


これは会社の話だけでなく、個人や製品一つのブランディングにおいても同様です。


ちなみに分析というと難しいイメージがありますが、
ブランディングワークショップの際の現状分析は複数人で「あーでもない、こーでもない」と
議論をしながら進めていくので、とても楽しく有意義な時間になりますよ!


後回しになりがちですが今一度、
「自分たちを知ること、自分たちのおかれている状況や環境を知ること」から考えていくと
思わぬ突破口を見つけ出せるかもしれません!


それではまた!



WRITED BY

Hagiwara Masataka

ブランドマネージャー1級
マーケティング・ビジネス実務検定
登録販売者
これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、500店舗以上の店舗数がある中でも特に売上トップクラス店舗に店長として着任し、収益改善に貢献。
その後、機会メーカーの企業へ籍を移し、新規事業の立ち上げを任され、マーケティングやブランディング戦略を事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを改めて肌で感じ、もっと多くの人にこの戦略を届けたいと思いブランドマネージャーに転身。
お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
「わからない気持ちに寄り添う」をモットーとしているので、ブランディングやホームページ制作に取り組むこと自体が初めてで何もわからないという方もお気軽にご相談ください。

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 現状を知る

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • Nakamura Hiroki

    ブランドプロデューサー

    Nakamura Hiroki

    Learn more
  • Hagiwara Masataka

    ブランドディレクター

    Hagiwara Masataka

    Learn more
  • Yamada Hironobu

    アシスタントディレクター

    Yamada Hironobu

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。