ホームページの解析からの気付き(後編) | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

ホームページの解析からの気付き(後編)

ホームページのこと

POSTED | 2021.02.16

WRITER | ナカムラ ヒロキ

ホームページの解析からの気付き(後編)
こんにちは、昨日はどうしても時間がなく、しかしながらとっても重要な内容だったので
きちんとブログに書かなければいけないという思いから、
禁断の技である「翌日へ続く」を使ってしまったナカムラです。

突然ではありますが、仮に何かしらの病気にかかってしまった時その病気を治すことに専念します。
しかし悪いところだけを見るのではなく、体全体の改善からの免疫力を上げることも重要だったりします。

ホームページの改善においても結構似たところがあります。
部分的に改善点を改修したところで根本的・本質的な部分を治さなければ、次から次に別の課題が見つかり続けます。

その根本的・本質的な部分が何かというと「ホームページがファン作りの場になっているか否か」という点です。

ミュージシャンの例で例えてみたいと思います。
ミュージシャンには当然ファンがいます。

ミュージシャンがホームページを活用する目的には次のようなものがあります。

はじめての人に対しては、プロフィールや生い立ち、これまでの活動やこれから先の活動を知ってもらうことで、少しでもファンになってもらいたいものです。
何となく良いなと思ってホームページにやってきた人に対しては、より好きになってもらいたいものです。
すでにファンの人に対しては、もっともっと好きになってもらいファンクラブへ入会してもらいたいものです。

なので、それぞれの人に向けたコンテンツを用意しておく必要があります。

最終的なゴールとしては、CDを買ってもらったりライブに来てもらったり、ファンクラブに入って継続的にお金を落としてほしいものです。
願わくばファングッズをたくさん買ってもらいたいですよね。

CDを買ってもらう行為も、ライブに来てもらう行為もそのベースになるのは「ファン」です。
ミュージシャンは一人でも多くのファンを増やすことが最大のミッションになってくると思います。

さて、皆さんが誰かのファンになった時にどういう行動するかを想像してみてください。

その1 新しいトピックがないかなと定期的にサイトを訪問する。

その2 新しいCDが出たら真っ先にCDを購入する。

その3 SNSを始めたら真っ先にフォローをする。

その4 ブログを何回も見てしまう。

などなど上記は一例ですが、これ以外にもいろいろな行動パターンがあるかと思います。
いずれにしてもファンを増やすことが自分たちのビジネスに大きなプラスの影響を与える事は間違いありません。

ホームページから効果を得るためにも「ファンづくり」が重要な役割を果たします。

新しいトピックがないかなと定期的にサイトを訪問する。

セッションが上がる

新しいCDが出たら真っ先にCDを購入する。

コンバージョン率が上がる

SNSを始めたら真っ先にフォローをする。

フォロワーが増える

ブログを何回も見てしまう

魅力的な情報を常に発信していれば、サイトを見る理由が増え結果的に滞在時間が増える

ということになります。

ファンを一人でも多く作る事で、ある程度全ての問題が解決するような気がします。
さらには、情報を発信した時の影響力も増してくるのでいい事づくめです。

ホームページは「ファン作りの場になっているか否か」という物差しを持っておく事が大切なのではないかなと思います。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > ホームページの解析からの気付き(後編)

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。