改めてブランディングとは | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

改めてブランディングとは

ブランディング

POSTED | 2021.01.18

WRITER | ナカムラ ヒロキ

改めてブランディングとは
こんにちは、週明け月曜日、朝からずっとメールの返信をしていたら、気付いたら真夜中になっていたナカムラです。
(´-`).。oO エンドレスメール(笑)

さて、今日はブログを定期的に見ていただいている方には、改めてになってしまうので退屈な記事になってしまいますがご了承ください。

そもそもブランディングとはについてです。

ブランディングという言葉は人によって捉え方が結構違っています。

ロゴマークを変える事だよね!
デザインを今風にかっちょよくおしゃれにすることだよね!
デザインを通して世界観を伝えていく事だよね!

と言う方もいらっしゃれば、ブランド戦略はマーケティング戦略と並ぶ重要な戦略だ!と言う方もいらっしゃいます。

でもやっぱりダントツで多いのは、デザインを良くしたり統一したりすることが、ブランディングだという認識をお持ちの方です。
これはあながち間違いではなく、デザインがとても重要であることに間違いありません。

しかし、デザインの部分はブランド戦略の一部です。
カップ焼きそばでいうところの、お湯を捨てた後にかけるソースがデザインです。
(´-`).。oO 例えが悪すぎる件

ソースだけではおいしい焼きそばができません。
逆に麺だけではおいしい焼きそばができません。

麺とソースが絡み合っておいしい焼きそばが出来上がるのです。

会社の構造をピラミッド型で表すと、一番下に「企業理念・ビジョン・ミッション」があり、
その上に「経営戦略」「マーケティング戦略」「コミュニケーション戦略」がある構造になっています。
(´-`).。oO デザインはコミュニケーション戦略だよ

図を使わずに説明しようと思うと難しいのですが

コミュニケーション戦略
マーケティング戦略
経営戦略
企業理念・ビジョン・ミッション

こんな構造になっています。

この時、ここにブランド戦略というものは入っていません。
ではどこにブランド戦略があるかというと、企業理念〜コミュニケーション戦略までを串刺しにした戦略が「ブランド戦略」なのです。

改めてこれをカップ焼きそばに置き換えてみます。
(´-`).。oO 意地でもカップ焼きそばから離れない・・・

コミュニケーション戦略→ソース
マーケティング戦略→お湯
経営戦略→かやく
企業理念・ビジョン・ミッション→プラスティック容器

ブランド戦略はカップ焼きそばそのものです。
上記の要素がなければカップ焼きそば(ブランド)が成り立たないのです。

デザインはコミュニケーション戦略なので、いかにおいしいソース(デザイン)を作ったとしても、お湯(マーケティング戦略)が生ぬるかったり、容器(理念・ビジョン)がふにゃふにゃだったとしたら、おいしいカップ焼きそばが作れないのです。

デザインだけを良くしても本質的に意味がない件、分かっていただけましたでしょうか?

次回はレトルトカレーで例えてみたいと思います。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 改めてブランディングとは

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。