BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 中心が物から人へ

POSTED | 2021.01.16 CATEGORY | 経営について

中心が物から人へ


こんにちは、最近は仕事上、朝早く起きなければならなく寝不足気味のナカムラです。

さて、世の中は商品やサービスのコモディティ化が進み、ビジネスが停滞あるいは低迷してしまう可能性がやたら高まっていますよね。

新しい商品ができて、この商品のようなものはどこにもなく、間違いなく売れる!と鼻息を荒しても、視野を広げてみると意外と同じような商品があった!なんてこともあったりします。

そうなると、他社の商品と差別化ができにくくなるので、最終的に価格で勝負してしまいます。

価格で勝負すると、お客さんが得られる価値が価格にすり替わってしまうので、同品質の価格が安い商品が登場したらイチコロでヤラレます。

これまでの経験や従来の作戦が通用しない不透明な時代に入っています。
最近では、それらをVUCA時代と呼んでますよね。

V/Volatility 変動性
→変化が激しいよー

U/Uncertainty 不確実性
→先行きが見えないよー

C/Complexity 複雑性
→いろんな要素が複雑に絡み合っているよー

A/Ambiguity 曖昧性
→関連性が曖昧だよー

でVUCAです。

これまでの経験が通用しない時代というのは本当に恐ろしいものです。
10年前はもちろん、1年前までの経験でさえ通用しなくなってきている・・・。
過去の成功体験が通用しなくなってきている・・・。

「俺はこれまでこうしたからうまく行ったんだからついてこい」
が通用しないカモといったところです。

どうして人は年を取ると頭が硬くなるのかを研究されている方もいらして、小難しいことは分かりませんが、どうやら神経細胞が関係しているそうで、年を取ると新しいものを受け入れる事が苦手になっていくようです。

日本の会社の86%の経営者が45歳以上だということで、これは・・・もしかしたら頭を柔らかくする学校とか開いたらおもしろいかもしれません。

ちょいと横道にそれましたが、経営戦略にはこれから益々柔軟な頭が求められます。
仮想空間と現実空間をちょうど良い塩梅で融合したり、経済的発展と社会的課題の解決を両立したりと考えなければいけないことは沢山あります。

じゃあ実際に世の中はどう変化しているかというと、中心がこれまでの物から人(個)へ移り変わっていると思います。

有名な話ですが、40〜50代は良い車に乗って、高い時計を身に纏う事(所有する事)がステータスでしたが、今の若い層は価格や質よりも物語・ストーリー性を重要視します。そして所有することからシェアすることへ変化しています。

今まではみんなが持っている商品が自分の正解だったけど、これからは自分が良いと思った商品が正解だよとなりつつあります。

だから、企業側がとしたらこれまでのざっくりとした大きな括りではなく、地域や年齢、性別、言語などによる格差なく、多様なニーズ、潜在的なニーズにきめ細やかに対応した商品作りが求められます。

具体的には、これまでターゲットとする人をざっくりと30代〜40代女性としてきたものを、もっとニーズを細分化して34歳・独身女性云々と絞り込んでいかないといけません。

で、これは商品を販売するお客様だけに限ったことではなく、会社で働く人にも言えることです。
個人とマンツーマンで向き合っていきながら、それぞれの働く意味(ニーズ)をしっかりと捉えていかなければなりません。

中心は物から人へ

常に人を中心に置いた経営戦略を立てていかなければいけないと思います。

と同時に、アンテナを貼りまくり、インプットしまくり、新しいものを受け入れる抗体作りも大事ですよね!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE