経営者には謙虚さが必要カモ | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

経営者には謙虚さが必要カモ

経営について

POSTED | 2021.01.10

WRITER | ナカムラ ヒロキ

経営者には謙虚さが必要カモ
こんにちは、泳いでいる鴨を見ていると、シアワセな気分になるナカムラです。

僕は以前とある経営者さんの前で、ぽろっとこう言いました。
「経営者は悩みが尽きなくて、年中無休365日頭の中が仕事だらけで疲れちゃいますよね」と。

すると、せの先輩経営者さんは、笑顔でこう言いました。
「それを分かってて自分で始めた事でしょ!」と。

その言葉を聞いて、なんだかすごく気持ちが楽になった記憶があります。
自分では分かっていたつもりのことなんですが、改めて先輩からそう言われると腑に落ちます。

やっぱり自分よりもたくさん経験をしてきた人の言葉ほど心に刺さりますよね。

経営者とはどこか特別なモノのように扱われますが、普通の人間です。
偉くも何ともありませんし、普通の人にない特殊な能力を持っているわけではありません。

僕はいくつになっても学びをやめてはいけないなと思っています。
学びを辞めた瞬間から本当の意味で老化が始まっていく気がしています。
そもそも学ぶことは尽きないですし、何よりも学んでいて楽しいなと思う事ばかりです。
だから、ボケるまで学ぶことをやめることはないんだろうなと思っています。

学びを得る時に、一番の弊害になるものは自分自身のプライドです。
おそらくきっと、歳を重ねるにつれてこのプライドがどんどんと大きくなっていってしまいます。
このプライドが学びの弊害になってしまうのです。

学ぶためには常に謙虚な気持ちでいなければいけなくて。
なぜかというと、例えば話をしていた相手が、自分の知らない言葉を発していた時に、変なプライドがあるとあたかもその知らない言葉を知っているような素振りをしてしまいます。

その時にプライドを捨てて、勇気を出して教えてくださいと言えば、相手は丁寧に教えてくれる可能性があり、それが結果的に学びに繋がるのです。

他にも、自分は何でも知っているよというスタンスでいると、知らない自分を受け入れられない自分になってしまい、学びの機会に気付かずに通り過ぎてしまう可能性もあったりします。

学び続けるためには、変なプライドを捨てないといけません。

経営者が学びをやめてしまうと会社も老化していくものだと思っています。

やっぱりその会社のアイデンティティは経営者の頭の中にある事が多く、経営者のレベルが会社の器だと思っています。
(自分自身で存分に経験済みです笑)

だから経営者が学びをやめてしまうと、会社の成長も止まります。
経営者は生涯、学ぶことをやめてはいけません。
そのためには、常に謙虚な姿勢(常に学びを受け入れられる状態にしておく)が必要じゃないのかなと思います。

誤解の無いようにお伝えしておきますが、僕が謙虚だよとアピールしたいわけではありません。
無意識でいると、新しい学びの機会を逃してしまいます。
だから自分自身への戒めの気持ちでこのブログを書いています。

経営者は常に謙虚な気持ちで。
これからも学び続けていきたいと思います。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 経営者には謙虚さが必要カモ

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。