BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > その価値伝わってますか?

POSTED | 2021.01.04 CATEGORY | ブランディング

その価値伝わってますか?


こんにちは、今年初めての電話に出たら「内閣支持率の調査」という怪しい電話だったので秒で電話を切ったナカムラです。

さて、先日3歳の娘がスタバのロゴを見て「コーヒー屋さん」だと認識していた事を知り、血は争えないなと思いました。

なぜ認識するようになったかというと、答えはシンプルです。

「日々スタバのロゴを目にしているから」です。
(´-`).。oO おそらく見ない日はない・・・

このことから、ブランドになるためには圧倒的な認知が必要だということです。
無名なブランドも、毎日見ていればブランドになり得るのです。

ただ、ブランドにはプラスの状態、マイナスの状態、ゼロの状態があります。

プラスの状態は、そのブランドに対して良い印象を持っている状態。
マイナスの状態は、そのブランドに対して悪い印象を持っている状態です。

そのブランドを利用したことがない、使ったことがなくても良いor悪い印象を持ってしまうのがブランドイメージの厄介なところです。

例えば、少し前に注目された某有名チェーン店のアルバイトが、日々の業務の中でとんでもないことをして、それをネットにアップするという事件がありました。

この時、そのお店を知っていたとして、利用したことがなくても、そのブランドについて悪いイメージをもってしまいます。
なので、もし●●が食べたいと思った時に、その悪いイメージを持っているブランドのお店は、選択肢から外されてしまいます。

そして、ブランドイメージにはマイナスとプラスの他にゼロの状態も存在します。
良いイメージも、悪いイメージもない、某有名人の言葉を借りるのであれば「別に」というブランドです。

娘のスタバも実はこの状態です。
スタバのロゴ=コーヒーを連想する=それ以上でもそれ以下でもない。です。

ブランディングは、競合他社との同質化を防ぐために行う経営戦略の一つです。
消費者の商品やサービスに対するブランドイメージと、企業側の発信するブランドイメージを限りなく近づけながら、ブランドイメージを良い状態に保つための活動です。

ここであなたの会社の商品やサービスのブランドを振り返ってみてください。
あなたが思う理想的なブランドイメージと、消費者が抱くブランドイメージは同じでしょうか?


そもそもブランドとして認知されていない
そもそも認知されていないブランドであれば、認知活動に勤しみましょう。

双方でギャップがある
もし双方でギャップがあるのであれば、ブランドイメージを再度見直したり、伝え方を変えるなどの対策が必要になってきます。

別に。なブランド
あなたが思う理想的なブランドイメージと消費者が抱くイメージが同じだよ!という場合においても、そのブランドイメージ自体に独自性がない場合はこれまた意味がなく、「別に」なブランドまっしぐらになってしまいます。

ブランドイメージにはしっかりと自社の価値と独自性を持たせることが重要です。
あなたの価値をしっかりと伝えるために。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE