顧客視点の重要性 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

顧客視点の重要性

経営について

POSTED | 2021.01.02

WRITER | ナカムラ ヒロキ

顧客視点の重要性
こんにちは、神社のおみくじを引いたら末吉だったので、客単価を上げるために末吉多めに配合しているに違いないと勘ぐっているナカムラです。

良い商品や良いサービスは黙っていても売れる!
これはかつての話です。

誰も見たことがない画期的な商品やサービスなら黙っていても売れるかもしれません。
しかし、そんな商品がこの世に生まれるのはもはや奇跡に近いのかもしれません。

そんな時は、自分たちが売りたい商品ではなく、
ユーザーの視点に立って、ユーザーのニーズを元にした商品やサービスを販売していかなければいけません。

この顧客視点ってとっても重要なんですが、ついつい忘れがちになってしまいます。

例えば、豊富なメニュー。
バリエーション豊富なメニューは、多くのユーザーのニーズに対応できるように見えるので、一見ユーザー視点で考えられていると思われがちですが、バリエーションが多すぎるメニューはユーザーを困惑させてしまいます。働いているスタッフすら複雑すぎて覚えられないようなメニューはそもそも考え直した方が良いのかもしれません。
ユーザー視点というよりは、販売する側のあれも売りたいこれも売りたい、客単価を上げたいという下心が丸見えです。

先日、道を歩いていたら、新規オープンのお店を見かけました。
そのお店の前には、行列整理ロープと案内ポップ、地面には足跡マークがついてました。
きっとピーク時は賑わっているんだろうなと思い見ていると、そこのお店に何にかのお客さんが来店しました。
しかしそのお客さんは、どこか戸惑っていました。
どうしたんだろうとよくよく観察していると、どっちからどういう風に並んだら良いかに戸惑っていたようです。
確かにお店の正面から見ると、右からレジに並んでも良さそうだし、左からレジに並んでも良さそうな設計になっていました。

これも顧客視点で見れていないが故に起こってしまう事故なんですよね。

商品やサービスを選ぶのはユーザーです。
そしてそれを良いと判断するのもユーザーなのです。

常に人を中心に発想をして、ユーザーや顧客が抱える悩みや潜在的欲求が何かを見つける視点が、これからはとても重要になってくるのかなと思います。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 顧客視点の重要性

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。