BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > これから独立をしていく方へ

POSTED | 2020.11.27 CATEGORY | 仕事のこと

これから独立をしていく方へ


こんにちは、24の日本版にハマっているナカムラです。
(´-`).。oO 24時間は尊い・・・

今日は社内で半年に一回の査定(第一弾)がありました。
時間の都合上、一人3分という短い時間でしたが、散り積もで1時間30分くらいかかってしまいました。
しかし時間がない中で、とっても凝縮した査定になったと思います。

でね、僕の中でこれまでぼんやりと頭の中に思い描いていた事が繋がり、
2021年はいろんな意味で大きな転換期になることは間違いないだろうという結論に至りました。

コロナとの付き合い方が来年どういう風に変わっていくか、どんなスタンダードが生まれるのかは分かりませんが、
コロナは、これまで止まっていたスイッチを間違いなくオンにしてくれたので、ここから来年に向けて具体化させていくことが、本当に楽しみになりました。

兎にも角にも働き方が多様化しまくっているので、その中で会社としての位置付けがどうあるべきか、自分なりの答えを出していきたいと思います。
これはもうかなり身を削っての実験になるので、このブログで随時お知らせしていきたいと思います。
もはや当たり前は目の前にあるものではなく作っていくもので、時代の変化の波に上手に乗っていきたいと思っています。

とりあえず今日は会社の数字とにらめっこです。


さて、前置きが長くなりましたが、今日はこれから独立をしていく方へというテーマでお話をしたいと思います。

僕はこれまで、3度の独立を繰り返してきて今に至ります。
2回目の独立はまぁひどいもんでした。

詳しくはプロフィールを見ていただければと思うのですが、
ざっくりと説明すると、デザイン会社やホームページ制作会社で修行を行い、
ある程度作れるようになったタイミングで、これなら独立してもいけるんじゃね?と安易に思い独立したはいいものの閑古鳥。

わずか数ヶ月で終了となってしまった幻の独立期です。

この時の失敗を振り返ってみると、敗因としては以下のことが考えられます。
・仕事のスキルが低かった
・独立を甘くみていた
・集客についての知見が少なかった
・協力してくれる人や応援してくれる人がいなかった
・資金力不足

こんなところです。

パソコン1つで起業できてしまったものですから、その当時の僕は自分なら稼げる!とどこか変な自信があったのだと思います。
その中でも、協力してくれる人や応援してくれる人がいなかったという点が、今思えば大きいのかなと思うのです。

僕はこれまでたくさんの経営者の人にお会いして、いろいろな考え方をお伺いしてきました。
そして、たくさんの独立する人たちを見てきたのですが、その中でうまくいっている人といない人の違いを比較してみると、うまくいっている人には応援してくれる、協力してくれる人たちが周りにたくさんいて。その人の人柄もあるのかもしれないですが、話をしているとなぜか応援したくなるような人だったりするのです。

成し遂げたい目標だったり、目指すべき形だったり、仕事への姿勢だったり。
多くの人に共感してもらえる何かをもっていて。

さらには、儲けたいという一心ではなく、回り回って自分のところに利益が帰ってくればいい、そんな考え方をもっていたりします。
そうなってくるともう、その人の夢を一緒に見たいという人が自然と集まってくるんですよね。

だから、応援してくれる人をいかにして巻き込めるかというところがポイントなのではないかと思うのです。

独立する時というのは、それはもう不安で仕方ないと思います。
それでも成し遂げたい夢や、自分の信念を貫くための仕事ができることを不安との天秤にかけたときに、
不安が勝ってしまったらまだ独立するタイミングではないのかもしれません。
その状態で独立をすると、どうしても視野が狭くなって臆病な判断をしてしまう可能性があります。

逆にワクワクの方が勝っているのならきっと大丈夫です。
そのワクワクをたくさんの人に話して、みんなを巻き込んでいけば良いのです。
そうすればきっと、その夢に寄り添ってくれる人が応援してくれるはずです。

独立という言葉は「独り立ち」と書きますが、それは決してひとりで生きていくということではありません。
誰しも人はひとりでは生きていけない生き物です。
様々な人に支えられて、助けてもらい、その恩を今度は全力でお返しして。
そんな繰り返しで成り立っているのが世の中です。

だから、自分を信じて、周りの人を信じて貫き通せば良いんじゃないかなと思います。

僕らは起業する人をサポートする立場にあります。
でも本音を言えば、その人のワクワクに乗っかることで、自分たちもワクワクできる事が楽しかったりするのです。
独立する人がうまくいくことを想像しながら、一緒にお仕事ができるというのは最高の贅沢な仕事です。

これから独立される方は、いかにして多くの応援してくれる人を巻き込めるかということを頭に入れておくと良いかもしれません。

応援しています!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE