BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > ホームページは買う場所から体験する場所へ

POSTED | 2020.11.21 CATEGORY | ホームページのこと

ホームページは買う場所から体験する場所へ


こんにちは、カルディに売っているクリスマスのチョコレートが好きで、食べながら仕事をしているナカムラです。
(´-`).。oO 毎日がクリスマス♪

さて、今日のお話はタイトルだけで言いたいことを伝えてしまったので、適当に流して読んでいただければと思います。

以前にこれからはサブスクの考え方が重要だよねという記事を書きました。
ざっくりと振り返ると、売り切り型のサービスは終焉をむかえ、これからはLTV(顧客障害価値)を高める事が大事だよねという内容です。
(´-`).。oO ざっくりしすぎ?

詳しくは以前の記事を読んでみてください。

これまで、多くのホームページはいかに多くの人に、高く売るかという視点でアプローチしてきました。
だから、そのためにはどういうコンテンツが必要で、どういう導線が必要で、ボタンは暖色系でみたいに、どうやったらいかにして売れるかを突き詰めてきました。

もちろん、それらの考え方も必要なのですが。
LTVを高めることと、より多くの人に売るかという対策は、相反するのです。

例えるならば、これまでの売り方がスーパーで、LTVを高める売り方が商店街の八百屋さんです。
スーパーの売り方と商店街の八百屋さんの売り方は異なります。

スーパーは基本的にレジ以外はセルフサービスです。
自分が欲しいものを買い物カゴに入れ、レジに行って精算するという流れですね。
だから、効率よく購入してもらえる工夫や、ついで買いを増やす導線が重要になります。

一方、商店街の八百屋さんは、店主と会話を楽しみながら買い物をします。
だから、お客さんとしっかりとコミュニケーションをとることが重要です。

商店街の八百屋でスーパー見たいな売り方をしていてはいけませんし、
スーパーで八百屋さんのような売り方をしていては効率が悪すぎます。

これまでのホームページはスーパー的な売り方だったのですが、
これからのホームページは商店街の八百屋さんのようなあり方が必要だよねということです。

どうやったら八百屋さんのようになれるかというと答えはシンプルで、お客様と一対一で接客することです。

ただ24時間パソコンの前に張り付いて、お客様対応をするわけにはいきません。

そこで、一対一で接客する代わりに、ホームページ上で自分たちが何者で、どんな考えや思いで仕事をしているのかなどを伝え、体験をしてもらう(共感して距離が一気に縮まる)ことが大切になってくると思うのです。

商品やサービスを成約する受け皿と、体験してもらうコンテンツをしっかりと整理して用意しておき、LTVを高めていきたいものです。
目指せ、八百屋さんの接客!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE