イヤだじゃ済まされない時代 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

イヤだじゃ済まされない時代

仕事のこと

POSTED | 2020.11.20

WRITER | ナカムラ ヒロキ

イヤだじゃ済まされない時代
こんにちは、この冒頭の挨拶は記事を書いている時間からして、確実にこんばんわなのですが、頑なにこんにちはと言い続ける頑固なナカムラです。
(´-`).。oO 変なところが頑固

さて、かれこれブログを毎日書き続けて4ヶ月が経過しようとしています。
4ヶ月ですから、約120記事がアップされている訳です。

4ヶ月毎日書き続けた感想ですが、「さすがに大変」という一言につきます。
毎日1500文字を目安に書いているので、死にそうな日もあります(笑)

ブログを毎日書き続ける理由は、一般的にはSEOに効果的だったり、露出に繋がるので集客につながります。

しかし、僕が毎日ブログを書き続ける理由は「集客」ではありません。
(´-`).。oO 強がりじゃないよ、ほんとだよ。

これはもはや僕の好奇心から湧き出てくる「実験」の一つです。

僕は基本的に自分を表に出すことや、自分のことを発信することが苦手であり嫌いです。
(´-`).。oO 大嫌いと言った方が正しいかも。

ところが一方でブログやSNS、Youtubeで自分をどんどんと発信している人がいて、その人たちに憧れを抱いていました。
いや、憧れというときれいに聞こえるかもしれませんが、心の中では「よくやるよねー」と思っていました。
そして、よっぽど自分に自信があるんだろうなぁと思っていました。

なんでこんな感情を抱くのかということを紐解いていくと、自分を傷つけないための予防線を貼っていたことに気付きます。
自分自身への自信のなさや劣等感、否定されることへの恐怖などなどですね。

「自分ならもっとできるよ」と自分に言い聞かせて、必死にできない自分を守っていたのです。

まっそんなことはさておき。

これからの時代、情報発信が苦手な人はかなり時代に取り残されてしまうのではないかと思う訳です。

以前は企業側が一方的に情報を顧客に発信していました。
しかしここ数年で、その構造が逆転して、個人が情報を発信する時代になりました。

だから、情報発信することが「得意な人」と「苦手な人」でかなり明暗を分けるということを認識しないといけません。
いやもう明暗が分かれてきているのかもしれません。

もはや、情報発信がイヤだからでは済まされないのかもしれません。
「生きる」か「死ぬか」戦国時代です。

そこで僕は苦手だった情報発信を克服することと、情報発信の真髄を知るために狂ったように情報発信をしているわけです。
きっと、半年、一年と毎日ブログを書き続けていくことで、何かが見えてくる気がしてなりません。

そして、そこから編み出した答えを、「情報発信が苦手な人」に伝達していくことが使命だと思っているのです。

大事なことなのでもう一度お伝えします。
情報発信がイヤだじゃ済まされない時代です。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > イヤだじゃ済まされない時代

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。