BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 幸せについて考えてみた

POSTED | 2020.11.12 CATEGORY | 経営について

幸せについて考えてみた


こんにちは、階段は基本的に一段飛ばしをするナカムラです。
(´-`).。oO 半分の労力で登ろうとする

さて、最近僕は幸せについて考えることが多くなりました。
うちの会社の理念は、シアワセをデザインするです。

これがどういう意味かというと、僕たちはデザインやホームページの制作を主な仕事としているわけですが、仕事をする上でどんな時でも本質を忘れてはいけないと思っていて。僕らのお仕事の本質は何かと考えた時に、作ることが目的ではなくて、その先のことをしっかりと考えながらお仕事をしなければいけないと思っています。

もっというと、その先の先にはたくさんの人の人生があって。
例えばお客さんの家族、お客さんのスタッフの家族など、僕らがやっているお仕事の先にはたくさんの人の人生が関わっていて。
僕らが良い仕事をすれば、みんなが幸せになれるし。
逆に良い仕事ができなければ、たくさんの人を悲しませることに繋がってしまうのかもしれません。
まあ、そこまでたくさんの人の人生を背負って日々お仕事をするのは中々ヘビーなので、あくまでそうゆう姿勢でお仕事をしたいという思いがあり、つまり僕たちは幸せというものをデザインしているのではないかというところから、シアワセをデザインするという理念になっています。

最近ですね、いろいろなお客様のお話を聞く中で、改めて幸せって何なんだろうって考えだすようになりました。

「あなたは今幸せですか?」
と聞かれたときに、幸せですと答える人もいれば、いやー普通ですねと答える方もいて、幸せじゃないですよーと答える方もいると思います。

例えばおいしいご飯を食べているときに、
「あなたは幸せですか?」って聞かれたら、おそらく多くの人は幸せですと答えるのではないかなと思うんですね

これがどういうことかというと、その瞬間に幸せな体験をしてるからなんだと思います。

テレビで貧困の国の話題が流れているときに、
「あなたは今幸せですか?」
と聞かれたら、何不自由のない暮らしを送っている、今の自分は幸せですと答えると思うんですよね。

でも何気ない日常の中で、
「あなたは今幸せですか?」
と聞かれれば答えに詰まってしまったり。

つまりは、幸せとは相対的な性質を持っていて。
辛いことがあればあったほど、上手くいったときに幸せを感じて。

自分よりも大変な思いをしている誰かの姿を見れば、自分は幸せだと感じる。

人生においてずっと幸せな状態っていうのは、おそらくないんじゃないかなぁと思うんですね。
でも幸せっていうのは麻薬みたいなもので、その瞬間的な幸せを求めて人は日々の暮らしを送っていると思うのです。

僕も、日々人並みに大変なことが多いのですが、
一瞬訪れる幸せがあるからまた頑張ろうって思えてるところがあるんですよね。

極端な話、幸せになりたいと思ったら、誰よりも大変な思いをすればいいわけで、その反動で幸せだと感じることができるのだと思います。
そして、自分が幸せかどうかは、その人の価値観によるところが大きくて、100人いたら100通りの幸せの価値観があります。

僕が最近、なぜ幸せについて考えているのかというと、理由は2つあって。
ひとつは、そもそも自分の幸せって何なんだろうって考えている点。
そしてもう一つは、みんなを幸せにするにはどうしたらいいのかという点。

まず1点目の自分の幸せについては、最近自分一人が感じられる幸せというものに少し飽きが出てきているような気がしていて。できればいろんな人と幸せを分かちあいたいなぁなんて事を考えています。

これまでは、何か欲しいものがあって、それを買った時の幸福感だったり、美味しいものを食べる時の幸福感だったり。
自分一人が幸せだと思う瞬間をたくさん求めてきた気がします。

歳をとったからなのか、慣れてきたからなのか分かりませんが、これからはみんなと幸せな瞬間を多く作りたいなぁと思うようにシフトしてきた気がします。相手が幸せだと思う瞬間が自分の幸せみたいな。
(´-`).。oO 神だね、もはや。

二つ目の理由は一つ目の理由と繋がっているのですが、どうやったらみんなを幸せにできるかという点について、先ほども述べたとおり、100人いたら100通りの幸せの価値観があるので、これなら全ての人を幸せにできるというものはないのだと思います。
そうなると、やはり一人ひとりがどういう時に幸せになるかという幸せ情報をキャッチして、そのサポートをしていかなければいけなくて。

ある人はお金を手にすることが幸せだと感じて。
ある人は家族との時間をたくさん過ごすことが幸せだと感じて。
ある人は自分が成長できることが幸せだと感じるかもしれません。

だから、個々、相手のことをしっかりと知り、何を求めているかということを常に想像することが大事なんじゃないかなと思うわけです。
相手のことを想像する優しさってやつですかね。

みんながひとつでも多く幸せだと感じられることがある世の中になればいいなぁ。

秋の夜長にそんなことを思うのでした。

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE