BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 悩んでいる自分が好きという俯瞰

POSTED | 2020.10.21 CATEGORY | 経営について

悩んでいる自分が好きという俯瞰


こんにちは、今日は朝、いつもより30分も寝坊してしまい1日中自分を許せなかったナカムラです。
(´-`).。oO 激オコ

さて、今日は8月決算のアプリコットデザインの決算報告がありました。

以前のブログにも書かせていただいたのですが、僕はあまり売上という数字に興味がありません。
そもそも決算の数字は、1年間がんばってきた結果というだけだと思っているので、それを見て一喜一憂はしません。

へぇ〜そっか〜、がんばったね。

って感じです。

ただ、決算は1年間の区切りでもあるので、次の行動へ移すためのきっかけにはなったりするのは事実です。

でね、報告をしてもらったあと、半日くらい考え込んでしまいました。
コロナ禍の中でとても優秀な結果だったのですが、

「このままでいいのか」
「自分の選択や会社の方向性はこれでよかったのか」

と。

悩みだすと、次から次へと悩みがでてきます。
普段なら別に何とも思わないことも、まるでコンビニのレジ横にあるチロルチョコを一緒に購入してしまうように、「ついで買い」もとい「ついで悩み」です。

目指すべき方向は決まっていて、そのために準備していることもあって、悩む必要なんてないはずなのに悩んでしまいました。

これはもしや「悩んでいる自分が好き現象」ではありませんか!

・・・

この「悩んでいる自分が好き現象」ってみなさんも経験あるのではないでしょうか。
その名の通り、悩んでいる自分が好きって現象ですね。
何かのタイミングでスイッチが入り、そのまま暗闇という名のトンネルに突入してしまうのです。


耳を澄ますと

悩んでいる自分、イケてるでしょ。
悩んでいる自分はかっこいいでしょ?かわいいでしょ?
あなたよりも多くの悩みを抱えていてあなたとは違うのよ。

・・・

こんな声が聞こえてきます。


さらに耳を澄ますと

誰かに話したい・・・
誰かに大丈夫だって言って欲しい・・・
誰かに背中を押してもらいたい・・・

こんな声も聞こえてきます。

多分、悩んでいる自分を誰かに知って欲しい、気づいて欲しいと思うが故に、
自分を悲劇のヒロインに仕立て上げようとするのだと思います。

僕の場合、「誰か」とは他人ではなくて、他でもない「自分」なのかもしれなくて、やるべきことはただ一つ、答えはすでに出ているのだから、信じて前に進むってことだったりします。

悩んでいる自分がいたら、俯瞰的に見てみることで、「その悩みは本当に悩むべきことなのか」がみえてきそうな感じです。

以上、よくわからない話でした。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE