BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 伝えたい人にだけ伝わればいい

POSTED | 2020.10.18 CATEGORY | ブランディング

伝えたい人にだけ伝わればいい


こんにちは、冬生まれの人は冬支度にテンションが上がるよねと言われて、確かにと思ったナカムラです。
(´-`).。oO 布物が大好きな2月生まれ

みんなに好かれようとして、みんなにいい顔をしていると、
結果的に誰からも信頼されないという悪循環が起きてしまう場合ってあると思います。
僕は100人の顔見知りを作るよりも、1人の信頼できる友達を作る方がよっぽど大事なんじゃないかなと思っています。

うちの会社は、基本的にプロモーション活動を行っていません。
営業マンもいないので、ホームページオンリーで集客を行っています。

ですが、銀行さんとのお付き合いで、年に一度出店企業300社、来場人数3000人規模の展示会に何回か出展しています。
今年はコロナの影響で中止になったのですが、昨年までは毎年出展していました。

いくらお付き合いといえども、出展するには人件費もかかりますし、その他付随する経費も発生します。
だから、何かしらの収穫を得たいなぁと思いました。

しかし、僕らには不利な要素が結構ありました。
見栄えする画期的な製品を取り扱っているわけではありませんし、五感を刺激する食品を販売しているわけではありません。
何より、デザインを日常的に求めている人は数少なそうですし、多少ニーズにあったとしても、展示会の場で僕らのブースに足を止めて商談をする勇気のある人は少なそうです。
(´-`).。oO どこかハードルが高い

ここで、僕らの選択肢は二つありました。
一つは3000人全ての人にパンフレットを渡し、認知度を上げ、あわよくば商談を獲得する。
もう一つは10人くらい(来場者数の0.33%相当)に興味を持ってもらい、覚えて帰ってもらう。

前者の方がすぐ利益になりそうなので、出展するために発生する経費はペイできそうな雰囲気です。
後者は当然すぐに利益にならないので、展示会出展は赤字で終わります。

で、僕らは後者を選びました。
理由は大きく分けて2つあります。


仕事をしたい人を絞り込むため

前者の場合、僕らとお客さんの立場関係を見てみると、お客さんの方が立場が上です。
僕らは営業をする立場で、お客さんはそれを選択する立場なので、お客さんの方が優位です。
しかし後者の場合、興味を持ってもらい、後日連絡をしてくれるとなると立場関係は50:50です。
僕らは、お客さんと同じ立場で悩み考え伴走したいと思っているので、後者のお客さんとお仕事がしたいのです。
全ての人にアプローチしてしまうと、誰でもWelcomeになってしまい、望んでいないタイプのお客さんも集まってきてしまうのです。
特定の人にアプローチする事で、仕事をしたい人を絞り込みたいと考えたのです。


ニーズが発生した時に想起してほしい

お祭りの夜店にはポテト、綿飴、りんご飴、射的と魅力的な商品が並んでいます。
ポテトが食べたいと思っていない人でも、お店の前を通ると衝動買いしてしまいます。

お祭りに行く時には、夜店があることは予め想像できていて、夜店で何かを買う事を期待して行く事があると思います。
「夜店で何か買いたいな」と。この時、何を買うかを決めていくというよりは、その場の雰囲気で買うものを決定していると思います。

展示会もどこかお祭りと似ていて、特定のものを目的に行くというよりは、何かあるかなという宝探し的な要素があったりします。
僕らの仕事の特性上、展示会との相性はあまりよくなさそうなのは想像できました。

ポテト、綿飴、りんご飴、デザイン・・・デザインと言われてもと。

だから、とりあえず印象に残す事をミッションにしたのです。
覚えておいてもらい、いつかデザインが必要になった時に思い出してもらうためですね。


僕らはこんな感じで、展示会の目的を、「特定の少数の人の印象に残す」ことに振り切ったのです。
そこで、ブランドイメージを伝えやすいように、ブースの装飾を「花」で飾ったのです。
おしゃれなお花屋さんに無理を言ってご協力いただき、素敵に装飾してもらったのです。
そして、もちろんパンフレット等もその日のためにしっかりと準備したのです。

その結果、後に数名の方とお仕事をする事ができたのです。
しかも、僕らが一緒に働きたいと思っていた方々と。

無差別的に全ての人によく思われたいと思わずに、しっかりと伝えたい人を絞り込んでから、その人に全力で伝えた方が良いよねと改めて感じた出来事だったのです。

伝えたい人に、きちんと伝えるということはとても大切ですね。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE