BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 右腕という存在

POSTED | 2020.10.01 CATEGORY | 経営について

右腕という存在


こんにちは、人よりも手足が長いのが自慢のナカムラです。
(´-`).。oO Yシャツの選択肢が少ない

僕は仕事柄、経営者の方にお会いする機会がが多くあります。
経営者同士の話になると、共感する事が多いのでいつも楽しくお話しさせていただいております。

その中で、割と話題に上がるのが「右腕」の話。
「右腕みたいな人はいるんですか?」と質問をされる事が非常に多いのです。

その質問をされると、いつも答えに困ってしまいます。

そこで、今日は右腕について考えてみたいと思います。

僕の中の右腕のイメージは、ドラマだとめちゃめちゃ仕事ができる一番信頼できるパートナーで、途中で必ず裏切って最後また戻ってくるというイメージです。
(´-`).。oO なんとも偏ったイメージ。。

右腕って必要なのかなぁ?と思うわけです。

そもそも右腕とは何なんでしょうか。
Google先生によると、右腕とは「最も信用し、頼りにしている部下」だそうです。

僕は特定の誰かを信用しておらず、基本的にみんなを信用しています。
(´-`).。oO だから無法地帯・・・

そして何より、僕はスタッフのことを部下だとは思っていません。
そもそも社長って呼んじゃダメって言ってるくらいですから。
(´-`).。oO だから無法地帯・・・

右腕とは最も信用し、頼りにしている部下であるという定義であれば、うちの会社には当てはまりそうもありません。

違う角度から考えて、右腕がいることのメリットを挙げてみることにします。

・・・

●僕が明日死んだ場合、会社がスムーズに継続経営できる
●僕が病気になった場合、会社がスムーズに継続経営できる

考えてみると、これしかメリットが出てきませんでした。
とはいえ、まぁ確かに何かあった時に、指揮をとる人が一人いれば安心ですね。

でも個々の団結力が集まれば、もしかしたら一人の人が指揮をとるよりもミラクルパワーが発揮できるかもしれません。

結論、うちの会社には右腕という考え方は不要みたいです。

これからは「右腕っているんですか?」の問いに対して、「みんなが右腕です」と言うことにします。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE