BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 勝算なんてありませんが

POSTED | 2020.09.24 CATEGORY | 仕事のこと

勝算なんてありませんが


こんにちは、実は昨日の夜、体調が絶不調でブログを毎日書くと宣言した自分を激しく呪っていたナカムラです。
(´-`).。oO 1日でも止めたら死ぬの呪縛。

僕はですね、こう見えて「ドS」であり「ドM」であります。
もうね、自分自身を追い込むクセがあって。それが裏目に出まくることも度々あります。
そしてよくいる「逆境になると燃えるタイプ」なので、もうやっかいなヤツなんです。
コロナが襲ってきたら、ただヤラレるだけじゃ納得いかないので、どうにかこうにか「やっつけてやる」的に躍起になってたりします。


勝ち負けって必要なのか

勝負って「勝ち負け」って書きますよね。
一般的には勝負をすると、勝つ人と負ける人に分かれます。
勝つ人と負ける人がいないと勝負にならないわけです。

自分との戦いとは、自分との勝負なわけです。
ではこの場合、誰と戦っているのかというと、自分ですよね。

きっとエンジェル自分とデビル自分との戦いです。

基本的に人間はネガティブな生き物ですから、圧倒的にデビル自分の占める割合が高そうな雰囲気です。
だから、自分との戦いはめちゃめちゃエネルギーを消費します。

そして、勝ち負けを決めるのもまた自分なので、これもまた厄介です。

そんなかなり分が悪い戦いの中、勝つことは容易ではありません。

しかしながら、自分との戦いに勝たねば成長に繋がりません。
だから、僕は勝負にこだわりたいと思っています。


最近のモチベーションのひとつ

コンサルの方が言っていた印象的な言葉があります。
「コンサルで成功するには負ける試合をしないこと」だそうです。
勝ち続けるには負ける試合に参加しないということですね。

えーずるい!と思われる方もいるかもしれませんが、実はこの勝つか負けるかを見極めるのって意外と難しいのだと思います。

例えば野球で例えてみますね。自分が巨人の監督だとします。次の試合は絶対に勝たないといけない時、阪神と中日どっち選ぶ?と聞かれたら、過去のデータから対戦成績や相性などを総合的に判断しながら、どちらを選ぶかを決める事ができます。
(´-`).。oO ちょい都合の良いルールでごめん

逆に阪神と中日のデータがない状態であったらどう判断するのでしょうか?

勝てる試合か負ける試合かどうかを判断するには、過去のデータなどが必要になります。

話を元に戻すと、初めましての会社をコンサルするかしないか(勝つか負けるか)を判断するのは、過去のデータがあるわけではないので難しいですよね。
だからその経験と知識からくるセンスは、もしかしたらプロのコンサルならではなのかもしれません。

だから「成功するには負ける試合をしないこと」に賛同します!という話ではないのです。
僕は、勝つか負けるかなんて、やってみなきゃわかんないじゃない!と思うのです。

例え負ける要素が多かったとしても、もしかしたらちょっとした事で勝ちに転じる事ができるのかもしれなくて、それってやってみなきゃ分かんないじゃん!って思っています。

関わってくれる全ての人を幸せにしたいと思っているバカ野郎ですから、最近のモチベーションは、「幸せにするぜ、待ってろ!」と唱えながらアドレナリンを出しまくって仕事しています。


目的はその先

マネタイズ(サービスから収益化するポイント)と依頼主のニーズには時差があると思っています。
例えばA君が新車を購入する場合、カーディーラーBにとってみたら、新車が売れた瞬間が収益化ポイントです。
でもA君にしてみたら、車を購入する事が本来の目的ではなく、大切な彼女を旅行に連れていって思い出を作る事が本当の目的だったりします。

この場合ディーラーBは、A君のニーズをしっかりと把握し、とっておきの思い出が作れる場所を教えてあげます。
そのついでに車を買ってもらえれば、ディーラーの収益化ポイントとA君のニーズが合致し、結果時差がなくなります。

僕らはホームページやデザインを売っています。
でもお客様のニーズは単純に「ホームページを作りたい」だとは限らないのです。
もちろん単純に作りたいという場合もありますが。

多くのお客様は、「集客」や「ブランド力アップ」が目的であって、ホームページを作る事が目的ではない場合が多いのです。
もっというと、「集客」や「ブランド力アップ」のその先は・・・「幸せになりたい」なんだと思っています。

勝算なんてないけど、やってみなきゃわかんない!
「幸せにするぜ、待ってろ!」

・・・といいながら、身は一つ。
もっとじっくりとお客様と向き合うために、1年間の中でお受けする新規案件数を制限しようかなと考え中です。
また詳しく決まったらお知らせいたします!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE