BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > コロナ時代のビジネススキル

POSTED | 2020.08.29 CATEGORY | 仕事のこと

コロナ時代のビジネススキル


こんにちは、最近グミにハマっているナカムラです。
(´-`).。oO 1年に2回ほどグミブームがやってくる

コロナの時代になり、仕事をする中で一番変化があった事、それは打ち合わせの2/3がテレビ会議になったこと。
元々zoomは日頃使っていましたが、そのほとんどが社内向けのものでした。
しかし、コロナの影響で対面での打ち合わせができない状況になり、いきなりzoom率が上昇しました。

でね、僕は元々テレビ会議というものが苦手でした。
そんな中、頻繁にzoomを使用することになり、徐々に苦手感が少なくなってきました。

ここで、なぜ僕はテレビ会議が苦手だったのかを考えてみたいと思います。

まず、苦手な理由を探すべく、対面の打ち合わせとテレビ会議を比較して考えてみました。

対面の打ち合わせとテレビ会議で大きく異なるものが「間の使い方」ではないでしょうか。
「間の使い方」とは、対面の打ち合わせの場合、話と話の間に間ができた時、手元の資料をみたり、お茶を飲んだりと間を埋めるためのアイテムが存在しています。これは言わば「間から逃げる」ことができているのでないでしょうか。

一方テレビ会議の場合は「間が許されない」雰囲気がありませんか?
きっと僕は小心者なので、この間が耐えられずに、結果苦手なものとして捉えていたのだと思います。

そして、本日の本題である「コロナ時代のビジネススキル」の話になるのですが、コロナ時代になり、対面で打ち合わせができないからテレビ会議が普及し、意外とその素晴らしさを実感して、今後コロナが落ち着いたとしても、「テレビ会議でいいんじゃね?」ということになりますよね、きっと。その中で円滑にコミュニケーションをとる為に必要不可欠なスキルは「伝える力」なのではないかと思います。

「伝える力」はテレビ会議でなくても必要なスキルではあるのですが、対面での打ち合わせの場合、コーヒーや手元の資料などに逃げることができました。これがテレビ会議になると誤魔化せない。だから本質的な伝える力を養っていかないとマズいんじゃないかなと思うわけです。

コロナ時代に必須なビジネススキル「本質的な伝える力」。がんばって養っていきたいと思います。

あっちなみに、ここ数ヶ月ですごい数のzoom会議してきましたが、あれですね、場数を踏んでいくと人って成長していくものですね。昨日より今日の方がしっかり伝えられたかなと実感することが多くなっています。場数って重要ですね。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE