BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 原因は何なのかハッキリさせた方がいい

POSTED | 2020.08.26 CATEGORY | 経営について

原因は何なのかハッキリさせた方がいい


おはようございます。AM5:00、この静けさが好きなナカムラです。
(´-`).。oO ただ眠い

さて、今日は「原因は何なのかハッキリさせた方がいい」というテーマでお話ししたいと思います。

先日、お客様と打ち合わせしていた時のこと、最近売上がめっちゃ上がってるんです!というお話を聞きました。こんなご時世の中で、売上を伸ばしていて順調であることは本当に何よりです。

話をよく聞いていると、結局のところ「コロナの影響」が良い方に向いた結果、売上が上がっていた事がわかりました。売上が上がることは何より素晴らしいことですね。ただ、ここで大事なのは、「コロナがなかったら売上は上がっていたか」という視点。もっと踏み込んで言うと、その売上が上がった要因は「自分たちの実力なのか否か」という視点。

売上が上がるとついつい人は調子に乗ります。で、その売上が上がった要因をついつい自分たちの実力だと都合よく捉えがちです。本当に自分たちの実力であれば何も問題がないのですが、そうでなければ解決しなければいけない課題を見落としてしまう可能性があると思います。

例えば、宝くじに大当たりして、大金を手に入れた時、あたかも自分の力で大金を手に入れた様な気がして気持ちが大きくなる。そして全てのお金を使い果たしたあと、さて普通に働くかとなっても自分に稼ぐ力が無い事に気付き人生がよくない方向へ向かってしまう。そう、自分には稼ぐ力が無かった事に気がついてしまう。
(´-`).。oO 宝くじが実際当たったことはないので想像ですが

調子が良い時ほど客観的に捉えて、それが自分たちの実力と結果なのかをハッキリさせた方が良さそうですね。

これは逆に調子が悪い時にも言える事です。

例えば、調子が悪いとついつい色々と変化させなければいけないとヤキモキします。でね、もちろん改善は必要なのですが、変えてはいけない部分を変えてしまうと本末転倒になってしまうと言うオチ。
そんな時に社会や環境が変化したからなのかどうかという視点をもつことで、変えなければいけない事、変えてはいけない事が明確に見えてくると思うのです。

その原因(結果)になった要因は何なのか。
常にそんな視点で物事を見たいものです。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE