BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > デザイン会社の経営は難しい_Vol.01 業界の構図編

POSTED | 2020.01.30 CATEGORY | デザイン会社の経営

デザイン会社の経営は難しい_Vol.01 業界の構図編

デザイン会社をはじめて8年が経とうとしていますが
これまでを振り返ってみると、改めて

デザイン会社の経営は難しい!

と思います。

難しいポイントをシリーズでご紹介していきます。

1回目は「業界の構図」

デザイン会社やデザイン事務所って
一般の人にとって馴染みがないというか
デザイン会社と言ったら〇〇社だよね!
という回答ができる人がどれだけいるんだろうってくらい
あんまり知られていない業種なのではないでしょうか?

そもそもデザイン会社を探そうと思った時
探しても、あんまり出てこないんですよね。

ただ、デザイン会社やデザイン事務所って
実はたーくさんあるんです。

しかし、あんまり表に出てこない。

ホームページを持っていない会社もありますし
ホームページがあっても放置されていて埋もれている。

だから、より見つからない・・・。


さらに、あんまり表にでこない大きな理由の一つに
広告代理店の存在があります。

これまでデザイン会社は広告代理店の下請の仕事を
やっている割合が多く、特に営業をしなくても
次から次に仕事がやってくる環境だったため、
表に出なくても良かったのだと思います。

これが業界の構図ですね。

本当はもっと自分たちの存在をたくさんの人に知って欲しい。

でも、下請けの案件は基本的に自分たちの実績として
公に出すことはできず、実績が無いとなかなか新規の取引先の開拓はできない。

実は下請け仕事をすればするほど
自分たちが表に出るチャンスから遠ざかってしまう
負のループに陥ってしまってしまうのですね。

また、直接の仕事が入ってきたとしても
これまでは広告代理店がディレクションをしてくれていたので
ディレクションに慣れておらず、仕事が思うように進まなく、
結果キャッシュフローが悪くなり・・・
また広告代理店に頼らざる終えなくなる。

というケースが多い気がします。

自分たちで仕事を受注でき
スムーズに仕事を回せる環境づくりが
とっても重要なんです。

次回のテーマは
「自社のデザイナーとの付き合い方」です。
お楽しみに!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE