BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > 広告代理店・デザイン会社の将来

POSTED | 2019.10.07 CATEGORY | デザイン会社の経営

広告代理店・デザイン会社の将来

激安でデザインを依頼できるクラウドソーシング

パソコン一つで仕事ができるフリーランスが増え

大企業はインハウスデザイナーを雇い始め

人工知能が・・・・○×△*+!


広告代理店やデザイン会社は生き残りをかけたサバイバル時代に突入です。

広告代理店の中でも制作機能を持たない会社は、特に厳しくなってくと予想されます。

テレビCMや新聞、折込チラシなど、メディアを使い不特定多数の人に
情報を伝達すれば、結果が出る時代は崩壊しつつあります。

それもそのはず、これだけ情報源が多くなれば
きちんとターゲットを決め、ターゲットのライフスタイルに合わせた広告を
組み合わせて伝達しないと届かないのですから。

広告代理店としての存在意義や独自の価値を
きちんと明確にして、戦略的に進めていかないと生き残れませんね。

いやー大変な時代です。


広告代理店やデザイン会社が生き残るために
必要かつ重要なポイントは「WEBに強い」という事だと思います。

多くの代理店やデザイン会社は、WEBが苦手です。

しかし、世の中は「WEB」を中心に動いています。
だから、WEBの活用方法を誰よりも知っている必要がありますし
効果的なWEBを提供できるリソースが絶対に必要だと思います。

これまでは、WEBを作ることが目的だったので
満足するデザインを提供して入れば誤魔化せました。
しかし、一巡してすでにホームページを持っている会社がほとんどで
今はそれをどう活かすかの方に焦点が当たっています。

激動の時代を生き抜くために
「WEBに強い会社」になることは必須なのではないでしょうか。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE