人が見える会社経営 | 株式会社POCKET

POCKET DESIGN & BRAANDING FARM

JOURNALジャーナル

人が見える会社経営

経営について

POSTED | 2021.10.07

WRITER | ナカムラ ヒロキ

人が見える会社経営
こんにちは!

ブログを書くのを毎日書くのを辞めたら、罪悪感でいっぱいになり眠れなくなったナカムラです。
(´-`).。oO ブログは1日の締めくくりでした

習慣とは不思議なものです。
365日ブログを書いていた日々、朝起きてから1日の仕事の中で「今日のブログはこれを書こう」と
自然と書く内容を考える習慣が身についてしまいました。

だから、僕がブログを書く日は「書きたくてうずうずしていたんだなー」と温かい目で見守っていただければ嬉しいです。

さて、今日は「人が見える会社経営」というテーマでお話をしたいと思います。

ブログで頻繁に書いていますが、今は機能で他社と差別化する事が難しくなってきました。

例えば新築住宅を建てようと思った時、どの会社も基本性能は似たかよったかです。
どの家も冬は暖かくて夏は涼しい。
高気密高断熱は当たり前。
どの家もそれなりに今風でおしゃれ。

基本的な性能は担保されているので、正直どの会社で家を建てても良いのです。

そうなった時、消費者はどうやって住宅会社を選ぶのか。

それは、まぎれもなく「人」です。

どの人と家づくりを行うのか。
どのチームに一生に一度の家づくりを託すのか。

いろんな住宅会社のホームページを見て。
いろんなネットの情報や雑誌などを調査し。
実際に建てた家を案内してもらい。

機能や性能が横並びな事に気付きます。

でも、リビングはA社、寝室はB社といった具合に複数の会社に施工を
お願いすることはできないので、どこか一社に決めなければいけないのです。

そうなってくると、自然と「決め手」を探し出します。

・あの担当の人なら感覚が合いそう
・あのチームなら丁寧な仕事をしてくれそう

・・・

そう、決め手となるのは人です。
人、人、人です。

人が「決め手」となり、「差別化要因」になるということです。
これは住宅会社に限ったことではなく、全ての商品サービス提供者に言えることです。

これからは「人が見える会社経営」を目指した方が絶対に良いと思います。
中村の予測では、来年あたりから「人が見える会社経営」が流行ると思います(笑)

簡単に言ってしまえば「美容室の指名制」と同じだと思います。
●●さんにお願いしたいという人指名です。

「人が見える会社経営」を行うためには、ホームページやSNSなどで積極的に人情報を露出していく必要があります。
しかも、個人個人が好きなように露出をしてしまっては、会社のブランドに悪い影響を与える可能性もでてくるので、
ただ露出するだけではなく、会社のブランディングを意識した露出が大切です。

人が差別化要因になる事って、多くの人が日常的に経験していると思います。
だから、人情報を露出しなければいけないことは理解しているはずです。

顔出しはちょっと・・・という会社の風潮は、一度考え直した方が良いと思います。
絶対に乗り遅れますヨ!

それでは、また明日!

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/インターナルブランディング 認定コンサルタント プラクティショナー/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

23歳で独立し紆余曲折ありながらも3回の起業を経て現在に至ります。デザイン会社である株式会社アプリコットデザインと、ブランディングを主軸に"ワクワクする企業をたくさん作る"をミッションとした株式会社ポケットの運営をしています。取引先は個人事業主から誰もが知る大企業まで1000社以上。集客をお手伝いする立場であるので、まずは自社のホームページにおいて率先してWEB活用をすべきと今日も自社実験を繰り返しながら、営業マン0で年間500件以上のリード獲得に成功しています。目標はデザインとブランディングの価値をより多くの人に伝えながら、価値あるデザイナーを増やしまくる事でデザイン業界を変えたいと思っています!

RELATED POST関連記事

トップページ > ジャーナル > 人が見える会社経営

WORKS

  • ALL
  • BRANDING
  • WEB
  • GRAPHIC
  • LOGO

CONCEPT

3度の起業を経験し
いくつもの失敗を
繰り返してきた
実務者だから
分かる事がある。

ポケットの代表中村は、これまで23歳で独立してから3度の起業を経験しています。
数え切れないほどの失敗をし、いくつかの成功体験もありながら今に至ります。
本質を大切にしたいという思いから、まずは自社で実験をし、上手くいったことをお客様にサービスとして提供したいと考えています。
ですので、ポケットの一番の強みは「机上の空論ではないサービスの質」であります。会社経営は本当に大変です。
そして孤独です。そんな想いも共有させていただきながら、共に成長をしていきたいと思っています。

MEMBER

  • ブランドマネージャー兼デザイナー

    Hiroki Nakamura

    Learn more
  • ブランドマネージャー

    Hagiwara Masataka

    Learn more

CONTACT

お問合せは各フォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディングしたい、ホームページを活用したい、事業転換したい、新規事業を始めたいなど
各種お問い合わせはお気軽にご連絡ください。