BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2021 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > やらないことを決める

POSTED | 2021.03.17 CATEGORY | ブランディング

やらないことを決める

こんにちは!
はぎーです!

今日のテーマは「やらないことを決める」についてです。

いきなりですが、
僕の長所は人との対話(コミュニケーション)を通じて相手が本当に伝えたい事を聞き出す力です。
さらにどれだけ相手に楽しんでもらうか、ということを常に意識しているのですが、
この長所を活かしていくには、必ずやってはいけなことがあるはずです。
例えば、ありがちですが自分の話したいことを話しまくる。など
(一つではなく、数十個考えてあります。)

やってはいけないことをリスト化して意識すると
相手にもこの人はこういう人なんだなと覚えてもらいやすくなるので、ぜひ取り入れてみていただきたいです。

もっとわかりやすく例えるなら
僕は野球をやっていたので、テレビ番組で野球に関する番組がやっているとつい見てしまいます。
とある番組で某高校の選手(以下A選手)を取り上げていたのですが言動がとても印象的でした。


「僕は野球の技術ではベンチ入りはできないし、チームの役に立つこともできない。けど、声と状況判断力には自信がある!」と言っていました。

紅白戦や練習試合の際、通常であれば出場機会が無ければ各々己の技術向上のためにひたすら自主練習に励みます。
ですが、A選手はひたすら毎試合サードコーチャーを務め
チームの得点を左右する重要な場所に自身の居場所を見つけ、その場所に毎試合立ち続けました。
また、プレイヤーを諦めたわけではなく、代打としての準備も怠りませんでした。
(野球が詳しくない方はごめんなさい。。)

これは自分の魅力を知り、自分だけのポジションを見つけてチームの勝利に大きく貢献しているとても素晴らしい例だと思います。

おそらくA選手がやらないと決めた事は、
練習試合であれど、「チームの試合中は技術の練習をしないこと」だと思います。
サードコーチャーは様々な状況であらゆる要素を頭に入れながら瞬間的に重要な判断をしなければならないので経験がめちゃくちゃ重要です。
とにかく試合中は技術練習よりもその場に立つ事を優先したわけです。
(もちろん、簡単に決断できることではないと思います。)

このように自分の長所を活かすためにやらない事を決め、
自分の場所はここです!と伝え続ければ、その場所を求めている人から必ず必要としてもらえます。
(ニーズのないものは例外ですが)

僕もやらない事を複数考えてあります。

是非自分がやるべきでないことをリスト化してみてください!

きっと、物事がいい方向へ進むと思います!


それではまた!

WRITED BY

萩原

これまで製造業、小売業、メーカー営業と異なる業種を経験してきました。
小売業時代は徹底してマネジメントスキル向上に注力。27歳の頃、何百と店舗数がある中でも特に売上高トップクラスの店舗に、店長として着任し収益改善に貢献。
メーカー営業時代に新規事業部の責任者を任され、独学でマーケティングやブランディングを学び、事業に取り入れる。
この時ブランディング戦略の素晴らしさを肌で感じ、多くの人にこの戦略を届けたいと思い、転職を決意。

お客様にとって気軽に相談ができる伴走者となれればと思っております。
これまでの経験とデザイン×ブランディングのチカラでお客様の魅力を存分に引き出し、最適なアウトプットができるように頑張ります!

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
  • 起業開業について
VIEW MORE