BRANDING & CONSULTING FARM POCKET

Copyright © 2020 POCKET All Rights Reserved.

JOURNALジャーナル

POCKET > ジャーナル > これからの専門家の役割とは

POSTED | 2020.08.18 CATEGORY | 仕事のこと

これからの専門家の役割とは


こんにちは、最近事務所の僕の部屋を引越ししたナカムラです。
(´-`).。oO 隣の部屋に移動しただけだけどね。

環境を変えると気分が高まりますね。

さて、本日のテーマは「専門家の役割」とはというテーマでお話したいと思います。

世の中にはたくさんの専門家と呼ばれる先生?がいるかと思います。
弁護士、税理士や最近でいったら感染症の専門家など。

僕らの業界で言うと、デザイナーの中にも様々な専門家がいて、印刷物などのデザインをするグラフィックデザイナーや、WEBのデザインをするWEBデザイナー、雑誌などの誌面をデザインするエディトリアルデザイナーなど、デザイナーという分類の中にも様々な専門家がいます。

WEBの世界でも、SEO対策の専門家、WEB広告の専門家、WEB改善の専門家など様々です。

一般的に専門家というのは文字通りその分野のプロなのですが、逆を言えばその分野以外についてはプロではないということです。

よくあるのが、システムの専門家(ざっくりとくくりましたが)がホームページを作れるかと言えばそうではないってことで。
正確に言えば、作れなくはないがプロではないので探り探り作る(作るだけ)よってこと。

全く知らない人にとっては同じパソコンを活用した仕事でしょ?と思われがちですが、これは例えば英語の先生は社会の勉強も教えられるんでしょ?と言っているのと同じことで。
(´-`).。oO ちょっと大袈裟だったかな。。

きちんと説明すれば、英語の先生が社会の勉強を教える事ができないことは分かってもらえるのですが。そもそも圧倒的な人は知らないものについて、一括りにして都合の良いように連想する性質があるのではないでしょうか。

でも実はここに重要な事が隠れていて。

英語の授業も社会の授業も、生徒さんの目的は様々だと思いますが、例えば目的を「社会で生き抜く基礎学力を身に付けたい」とするならば、英語だとか社会とか数学とかその境界線・くくりは全くもって意味がないのではないでしょうか。

何が言いたいかというと、「学びたい」というニーズがあることをしっかりと把握しておかなければいけないということ。
そうなると、極端な話、英語の先生が社会や数学の事も教えられる人であれば「引っ張りだこ」なのではないかと思うのです。

時代はどんどんと複雑化していて、部分的な解決では解決できず、本質的かつ包括的に課題を解決することを望んでいると思うのです。
きちんとニーズを把握した上で、専門家というくだらない壁をくっちゃんくっちゃんに壊して、幅広い視野を持つ事が重要だと思うのです。

まとめると、これからの専門家は「ニーズ」をしっかりと見極めて、広い視野を持って学び続ける必要があるんじゃないかなというお話でした。

WRITED BY

ナカムラ ヒロキ

ブランドマネージャー1級/WEBマーケティング検定/ネットショップ販売士/WEBデザイン技能士/ドッグホリスティックケアカウンセラー

株式会社ポケット・株式会社アプリコットデザイン代表をしているナカムラです。
ブランディングを中心にWEB制作、各種デザイン制作などのクリエイティブを行っています。 高校卒業→小売業→開業→事業譲渡→転職→開業→転職→いまここ。 3度の独立・失敗&成功?を繰り返し株式会社アプリコットデザインを設立。お客様と一緒に課題解決のために常に全力疾走!線は細いが誰よりも熱い想いを秘めている!

プロフィールはこちら

CONTACT

お問合せは
各お問合せフォームより
承っております。

ブランディングしたい、リブランディング
したいなどのお問い合わせはお気軽にどうぞ。
またこれから起業開業される方もぜひ一度ご相談ください。

BLOG

  • 全ての記事
  • ブランディング
  • 経営について
  • デザイン会社の経営
  • プロジェクト報告
  • 仕事のこと
  • ホームページのこと
VIEW MORE